レイクと武富士・アイフルの比較

武富士やアイフルはレイクと同じく消費者金融です。ですので、レイクと武富士アイフルなどの他の大手消費者金融との間には銀行ほどに大きな違いがあるという訳ではありません。しかしそれぞれに特徴があり、その印象は随分と違います。

 

レイクと武富士・アイフルの違いは一言で言えば暴力的かどうかという事につきます。

レイクは消費者に優しいと言われる企業ですが、武富士やアイフルはどちらかというと暴力的な企業です。武富士やアイフルは取り立ての為に債務者の自宅を訪問して直接現金を回収する場合があります。それは、武富士やアイフルはこのようなキツイ取り立てをすることで滞納に対する恐怖心を掻き立たせ、借金の返済率を上げるという企業戦略を持っている事が原因です。一見コストがとてもかかるので無駄のように見えるこの行為は全体の回収率を上げるのにとても役立っており、合理的な行為なのです。

 

ここで、自宅を訪問しての督促は法に触れるのではないのかと疑問に思われた方も居られるかと思います。訪問にもルールがあり、現在の法律では夜9時以降の訪問は禁止されています。それと同時に、大声で叫ぶ、近所に見せるように張り紙を貼る、などの暴力的な行為は禁止され、紳士的な訪問のみが許可されています。ただ、そうはいっても強面の消費者金融の取り立て屋が来るのでそれだけでかなりの恐怖です。

 

強い督促を行なう武富士・アイフル対して、レイクは自宅訪問による督促はほとんど行ないません。レイクは回収率よりも消費者に対するサービスを重視する傾向にあります。

 

借金の督促は、レイクは優しく、武富士・アイフルは暴力的ですので、両社は借金の督促に対する考え方に関して対極をなす消費者金融であると言えます。

 

香川・高松で過払いのご相談は当事務所にお任せください。まずはフリーダイヤルにお電話ください。

 

ページの先頭へ