レイクとその他の中小消費者金融

大きな違いは無人契約機があるかどうかです。レイクは自動契約機を持っていますが、中小消費者金融は自動契約機を持っていません。また、レイクだけでなく大手消費者金融であればどこも無人契約機を持っています。

 

では、無人契約機とはどのようなものかと言いますと、機械の指示に従って操作するだけで契約が出来るというものです。この機械の最大の特徴は「誰にも会うことなく自動で契約出来る」という点です。これにより、店頭で店員と対面して申込みをする必要が無くなるので、お金を借りる際の心理的な障壁がとても軽減されます。また、無人契約機の場所も工夫されています。決して目立つようなところにはなく、メイン通りから一本奥に入った路地裏などに設置してあり、人目を気にすることなくアクセスすることが出来るようになっています。

 

ただ、無人契約機とはいっても実際は複数の監視カメラでしっかりと監視されています。しかし、申し込みをする人からすると、契約時に誰にも会わずに済ませることが出来ることは大変な安心感を与えてくれるので、そのメリットは大きいでしょう。

無人契約機が役に立つのは契約時だけではありません。無人契約機はレイク専用ATMとしても働きます。このATMのおかげで支払いの為にわざわざ数が少ない店頭に出向くことなく、こっそりと返済することが出来るのです。最近では返済時の事も考えてとても人通りが激しい場所に無人契約機を設置している場合もあります。

 

一方、無人契約機を持っていない中小消費者金融で借りた際の返済方法は、店頭での支払い、又は銀行振り込みのどちらかになります。店舗での支払うにはわざわざ店に出向かなければならず結構な手間となります。また、銀行振り込みの場合は金融機関により振込手数料が発生してしまいます。これが意外と小さな額ではなく、場合によっては金利よりも高い場合も出てきます。

 

ここから分かる様に、無人契約機の有無は利便性に直結します。そのため、レイクを代表する大手消費者金融のほうが圧倒的に便利であることが分かります。

 

ページの先頭へ