過払い金請求は10年で出来なくなるのは本当ですか? 福島県福島市 M・S様

【質問】

レイクの過払い金請求は、10年経つとできなくなると聞いたのですが本当でしょうか?

現在、レイクから借り入れをして返済中です。

初めにレイクから借り入れしたのは20年前で、それからずっと借りている状態です。

借りては返すの繰り返しで、融資上限枠が上がるとまた上限近くまで借入してしまっているため、20年間途切れず返済しています。

初めに契約したのは20年前なので、レイクの過払い請求はできないのでしょうか?

 

【回答】

福島県のM・S様、ご質問いただきありがとうございます。

 

レイクの過払い請求には時効があり、完済後10年が経過してしまうと過払い請求することが出来ません

これは、完済している方のケースであるため、今現在返済中である方は契約時にさかのぼって過払い請求をすることが出来ます

 

M・S様の場合、一度も途切れずにレイクから借り入れされているため、契約時の20年前にさかのぼって、その時点からの過払い金の引き直し計算が出来ます

しかし、一度完済した後に新たに借り入れをした場合、以前の借り入れに対しては過払い金の請求が困難となる場合があります

例えば、20年前に借り入れをして15年前に完済したが、12年前にまた新たに借り入れして現在に至る場合、通常ならば同一契約者の金銭消費貸借契約であるため、20年前と12年前に借入した借金に対して過払い金請求をします。

ですが、貸金業者の方は20年前の借り入れの方は時効が成立しているとして、12年前からの借金のみの過払い金請求にしか応じない場合があります

 

このような場合には、依頼者の方と貸金業者で意見が食い違うため、裁判となって長期化したり、計算していた過払い金の満額に満たなくなったりします。

ですので、依頼主様には長期化することを覚悟で満額で裁判をするか、貸金業者と折衝して減額して和解するかを選んでいただくことになります

 

当事務所では、レイク過払い請求に対して福島県は勿論、全国対応しておりますので、レイクの過払い請求の時効が間近に迫っている場合にでも相談ください。

ページの先頭へ