思い切って県外の弁護士に過払い請求を依頼して成功 沖縄県那覇市 H・I様

■時給が低い・仕事がない地元

沖縄と言うと本土の人は「常夏でみんな陽気」、「毎日海で泳げるし、リゾート気分でいい」といいますが、実際にはそんなものではありません。

沖縄県は全国でも最低時給が低水準なのに、失業率はすごく高いのです。

そのため、沖縄はゴールデンウィークから夏休み終わりぐらいまでは観光客が来るため、期間限定のバイトもありますが、それ以外はバイトを見つけるのも一苦労と言う期間もあります。

 

そのため、収入不足をレイクから借り入れをして長年しのいできましたが、最近になってレイクの過払いが出来ることを知り、弁護士に頼もうと一念発起しました。

 

■沖縄の地元では弁護士が見つからず

どうせ頼むならば、同じ沖縄県の弁護士事務所にしようと、何件か無料相談に出向きましたが、なんとなく弁護士とのフィーリングが合わないと言うか、雰囲気とそぐわないと言うか、しっくりこないものがあり、結局依頼せずじまいになってしまいました。

 

そのため、レイクの過払い請求をどうしようか悩んでいると、ネットでレイクの過払い請求で評判の良い弁護士を見つけました。

一度物は試しと電話してみると、弁護士の先生とウマが合い「この先生にまかせよう!」と、即決で依頼しました。

 

県外の弁護士事務所だったので、全く不安がなかったと言えば嘘になりますが、電話やメールでの連絡は迅速で、郵便物も翌々日にはちゃんと到着していたので、何時しか不安はなくなっていました。

 

依頼して3か月後にレイクの過払い金が振り込まれ、弁護士探しに費やした半年はなんだったんだと苦笑いしてしまいます。

あの時、「沖縄県の弁護士に依頼する」と言うこだわりを捨てて、もっと早くレイクの過払いの依頼先を探していればよかったと思います。

ページの先頭へ