大手は安心と思ったのに、過払い費用が実は… 神奈川県川崎市 H・M様

■神奈川の弁護士事務所か東京の司法書士事務所か悩む

レイクの過払い請求をする際に、「近い方が何かと便利かな。」と思い、神奈川と東京で過払い金請求をしている法律事務所を探しました。

 

その中で、東京に本社があって全国展開しており神奈川にも事務所がある弁護士事務所か、東京の司法書士事務所の二つに絞り、どちらに頼むか悩んでいました。

とりあえず、どちらも無料相談をしていたため、両方にレイクの過払い金の計算を依頼したところ、両方の事務所から過払い金は170万円との返答をもらいました。

 

過払い金が140万円を超えていたので、この時点で司法書士事務所に頼むことが出来なくなってしまったため、結局神奈川の弁護士事務所にレイクの過払い請求を依頼しました。

 

■融通が利かない大手弁護士事務所

依頼してすぐは、レイクの過払い請求を大手の弁護士事務所に依頼したので、「安心感があるから、結果的に良かったかな?」と思っていました。

 

しかし、それからが面倒なことの連続でした。

こちらの了承なしに、数人のレイクの過払いをまとめてする集団訴訟にしたため、判決が出るまでに8カ月もかかったのです。

また、振込も事務所内での作業もあるのでと引き伸ばされ、判決後4カ月もしてから振り込まれ、結局終わるまでに1年以上の月日がかかりました。

 

しかも振り込まれた金額は、弁護士費用は過払い金の21%と聞いていたので130万円くらいかなと想像していたのに、120万円ほどで10万円も差がありました。

よくよく費用の明細書を見てみると、過払い金の21%に加えて、1社につき代行手数料が43,200円、事務手数料が12,960円、通信費が2,700円、印紙代が…と、10万円近い別途費用が計上されていました。

 

ネットを見ていると信頼できてしかも安い費用で弁護士に依頼して、レイクの過払い請求が出来ている人がたくさんいるのに、わざわざ高くて遅い弁護士事務所に依頼したことを後悔しています。

ページの先頭へ