過払い金で結婚指輪が買えました 東京都杉並区 I・W様

■結婚式なし・結婚指輪もなし

妻と結婚したのは9年前で、当時レイクから100万円近く借り入れしており、結婚式はおろか結婚指輪まで買えないありさまでした。

それでも、東京の安アパート住まいなのに、不満ひとつ言わない妻を見ていると申し訳なくなり、コツコツと返済をし続け、妻も共働きで働いていてくれたおかげで、3年前に返済を終えることが出来ました。

 

結婚10周年を控え、「スイートテンダイアモンドまではいかなくても、結婚指輪を買ってあげたいなぁ。」と考えていました。

しかし、毎月の小遣いは2万円で、昼飯や同僚との飲み代でほとんど消えてしまうような状態で、何とか切りつめても毎月3千円節約するのが精いっぱい、1年貯金しても3万円ほどしかなりません。

「安い指輪しか買えないな。サプライズであげたいから、なんとか内緒でお金が稼げないかなあ…。でもバイトとかしたらすぐにばれちゃうだろうし…。」と、東京のデパートのジュエリー売り場で値札を見て、ため息交じりに悩んでいました。

 

■レイクの過払いでサプライズ成功!

そんな時、過払い請求で過去にレイクに払いすぎていたお金を返してもらえる可能性があると聞き、すぐにレイクの過払いについて詳しく調べ始めました。

 

12年前に借り始め今は完済しているので過払い金がある可能性が非常に高いこと、ブラックリストに載る可能性がないことはもちろん、一番気になっていた弁護士に頼めばレイクの過払い請求を家族に内緒でできると知り、レイクの過払い請求に精通している弁護士を見つけて依頼しました。

 

7カ月後、こちらの希望通り妻にばれないようにレイクの過払い請求をしてもらえ、120万円を手にすることができました!

10年目の結婚記念日におそろいのプラチナリングを妻にプレゼントした時には泣いて喜んでもらえ、レイクの過払い請求のことを説明して残りの100万円も妻に渡したので、ダブルで喜んでもらえました。

ページの先頭へ