家賃の滞納を過払いで清算できました 大阪府大阪市 R・G様

■突然の兄の家賃滞納の連絡

税理士として仕事中に見知らぬ電話番号から電話がかかってきたのでいぶかしげに出てみると、兄が大阪市内で借りているワンルームマンションの大家からの電話でした。

 

ここ1年ほど家賃が遅れがちになっていて、とうとう2カ月支払ってもらえなかったのだけれど兄と連絡が取れず、保証人である弟の私のところに電話してきたとのことでした。

 

大家との電話をいったん切り、兄の携帯に急いで電話をしたのですが料金の未払いでつながらず、仕方なく兄が務めている大阪の会社に直接電話をして捕まえることが出来ました。

とりあえず、その日の晩に兄のマンションで会うことになったのですが、兄は25年前に一人暮らしを始めてからずっと独身だったので、15年ほど前に今のマンションに引っ越す際に私が保証人となっていたのです。

 

■レイクの過払い請求で家賃滞納を清算!

兄に家賃滞納のことを詰め寄ると、実はこのマンションに引っ越す際に敷金や引っ越し費用が足りず、レイクから50万円を借りたそうです。

その後、借金癖がついてしまい足りなくなったらすぐにレイクから借り入れしてしまい、今では150万円近く借りており、しかも1年ほど前から借入額を使い切ってしまったため返済に困っているとのことでした。

 

兄をその場で叱り飛ばし、とりあえずレイクのカードと契約書を見せてもらいました。

そうすると、レイクの契約書には金利が28.3%と記載されていて、過払いがあるのが一目でわかりました。

レイクに過払い請求をするにしても私は仕事で忙しく、兄も仕事がある上にこういった法律のことは全く無知なので、弁護士に任せるということで兄には納得してもらいました。

 

とりあえず家賃の2か月分は私が立て替え、レイクの過払い請求を弁護士に任せたのですぐにレイクへの返済が止まり、その後は兄が支払うことが出来ました。

7カ月後、レイクの過払い金が返金されたのでもちろん立て替えていた家賃は返金してもらい、兄も手元に現金が手に入ったので二度と借金はしないと約束してもらえました。

ページの先頭へ