出張が縁で過払い請求ができた! 愛知県名古屋市 I・S様

■地図を調べていて

愛知県の会社に勤めているのですが、会社から香川県への2泊3日の出張を言われました。

材料を仕入れている取引先が香川県にあるのですが、愛知生まれの愛知育ちの私は香川県の地理はさっぱりでした。

 

そのため、取引先の会社の場所を確認するためインターネットで地図を検索していると、上に小さな広告のバナーが出ていました。

そこには、男性の写真とともに「過払い請求」の文字があり、ドキリとしました。

実はレイクから長年借金があり、「過払い請求ってどんなのかな?」と日ごろ思っていたので、なんとなくクリックしていました。

 

そこには、過払い請求のことが詳しく説明してあり、全国どこからでも郵送で依頼できるとも書いてあったので、一気に興味がわいてきました。

 

■実際に会って即依頼

会社が終わってから弁護士に電話で相談してみると、やはり過払い金がある可能性が高いと言われ、過払い請求をしようと思いました。

その際に、弁護士の方から「必要書類を送ります。」と言われたのですが、来週の出張に合わせて弁護士事務所で会う約束をしました。

実際に会って説明してもらうとよりわかりやすく、その場で正式に依頼して帰ってきました。

 

その後順調にレイクの過払い請求は進んでいき、愛知県と香川県と離れていましたが、一度会ったこともあり不安はありませんでした。

 

5か月後、レイクの過払い金を受け取りましたが、返金があるまでにレイクの過払いのことについていろいろ調べました。

その際に、頼んだ弁護士によって返ってくる過払いの金額が変わったり、振り込まれるのがすごく遅かったり、弁護士報酬もすごく高い弁護士事務所もあるのを知りました。

 

何も考えず勢いで電話をして過払い請求の弁護士を決めてしまいましたが、非常に良い先生だったので幸運でした。

ページの先頭へ