パチスロで作った借金を、過払い金で返せました 京都府京都市 K・H様

■負けてもパチスロし続ける生活

京都はパチンコやパチスロに対する規制が、日本一厳しいともいわれるところです。

そのため、近隣の大阪府や滋賀県に比べてパチスロの設定が悪い店が多く、優良店と言われるところは京都府下でも片手で数えられるぐらいしかありません。

 

ですが 当時の私はパチスロにどっぷりはまってしまっており、「勝てる確率は低い」と頭では分かっていても、車でしかいけない優良店よりも、近場の京都のパチスロ店に通っていました。

3回に1回勝てれば良い方なのに、たまに一日で10万円以上勝ってしまうと、「また勝てるかもしれない」とあさましい考えが出てきて、レイクから借金をしてもパチスロをやめることが出来ませんでした。

そのためパチスロをし始めて3年でレイクの借金は200万円まで膨れ上がっていました。

 

■借金がその後の生活を苦しめる

ようやくパチスロに対する熱が下がってきたのは、法改正でパチスロの出玉が大幅に削られたのと、レイクから新たに借金が出来なくなったのが重なったからです。

遊びでたまに打つことはありますが、プラスになったらすぐにやめるようになったので、以前よりは勝率が上がっていました。

 

ですがレイクの200万円の借金は、金利だけでも年に50万円返さなければいけなかったため、10年経ってもほとんど減っていませんでした。

「あ~。いつになったら返し終わるんかな?死んでも返しきれへんかも?」と、毎日借金のことで憂鬱でした。

 

ある日、家でインターネットニュースを読んでいる時に出てきた広告に、「レイクの過払い請求なら!」と言うものがあり、なんとなくクリックしていました。

そこにはレイクの過払い請求の解説が分かりやすくされており、過払い請求ができる条件に自分がぴったり当てはまっているのが分かりました。

 

すぐにそのサイトに書いてあった無料相談に電話をして、レイクの過払い請求をお願いしました。

後日弁護士事務所から過払い金計算書が送られてきたのですが、私の場合5年前には借金は返し終わっており、その後の5年間は金利だけを返していたと思っていたのに、丸々過払い金となっていたため260万円にもなっていました。

 

先週に弁護士事務所からレイクから返金があったので清算後振込をすると連絡があり、楽しみで仕方がないです。

ページの先頭へ