過払い金で無事にマンションが購入できました! 福井県福井市 W・M様

■なかなか貯金が出来ない

23歳の時にレイクから200万円もの借金をしており、四苦八苦しながら30歳手前で何とか返済を終えることが出来ました。

そのあとは貯金に励んでいたのですが、32歳で結婚した時に結婚式代や福井市内の賃貸マンションの保証金などでほぼなくなってしまいました。

 

結婚後は妻も働いてくれたため、毎月10万くらいは貯金できるようになり、ほっとしていたのですが、2年ごとの福井市内の賃貸マンションの更新料や結婚と同時に買った自動車の車検代などは貯金から出していたため、増えては減りで思ったほど貯金が出来ませんでした。

 

■理想のマンションに出合うが…

「いつか交通の便のいい新築マンションを買おう。」と、妻といつも話していたのですが、福井駅の近くに新築マンションの新聞広告を見たとき、「これだ!」と夫婦ともに思いました。

 

しかし、マンションの頭金と購入の諸費用・引っ越し代などを考えると、どうしても150万円ほど足りませんでした。

妻と収入合算して住宅ローンを組むことも考えたのですが、無理なローンをして妻の産休などで払うのが苦しくなると大変なのは、レイクの借金の時に身に染みて分かっていたので、どうしても避けたいと考えていました。

 

とはいえ、マンションは先着順で売れていくので早くしなければ買うことすらできなくなってしまいます。

しかも、福井駅近くの好物件なんてそうそう出ないので、買い逃してしまうと二度と購入できないのも分かっていました。

 

そんな時にレイクの過払い請求のことを知り、弁護士に相談をしてみました。

過払い金の調査をしてもらったところ200万円の過払い金があり、しかも完済して6年経っていたので過払い金に対する5%の金利が90万円近くにまで膨らんでいることが判明しました。

 

弁護士の先生には金額重視でお願いをして、新築マンションの方は申込金を払って物件をおさえてもらいました。

福井駅近くのマンションの完成は1年後だったのが幸いして、本契約で頭金を払うまでに220万円以上の過払い金が戻ってきました。

 

先月に新築マンションに引っ越しすることができ、レイクに過払い請求をして本当に良かったと思っています。

ページの先頭へ