北海道でも関係なく過払い請求が出来ました 北海道札幌市 A・T様

■慣れない北海道での生活

もともと、東京生まれの東京育ちだったのですが、就職してすぐに北海道の札幌支店に配属されました。

知り合いが一人もいない土地で、慣れない仕事や人間関係に疲れて、仕事終わりに飲みに行ったりパチンコに行くのがストレス発散になっていました。

そのため、半年ほどで遊興費に困るようになり、レイクから借りるようになっていました。

 

北海道での生活も4年になったころには、レイクの借金は170万円になっていました。

ですが、そのころには会社の同僚とも打ち解けて係長に昇進したため、無茶な飲み方をしたりパチンコに行くこともなくなり、ぼちぼちですがレイクへの返済ができるようになりました。

5年かけて返済し終わった時には、彼女もおり「来年には結婚を…」と考えていました。

 

■レイクの過払い金で結婚資金を用意できた!

レイクの返済をしながら、会社の財形積立貯金をしていたので少しは世数があったのですが、結婚式の費用や新居を借りる費用を考えると、お金はどれだけあっても足りません。

 

なんとか少しでもお金を工面できないかな?と考えた時に、思い付いたのがレイクの過払いでした。

9年もレイクから借りていたし、1年前に完済し終わっているので、もしかしたら過払い金があるかもと思ったのです。

 

ですが、仕事が忙しく自分で過払い請求する時間がなく、また会社の同僚などに「過払い請求したいから、弁護士を知らないか?」なんて相談しづらいため、インターネットでレイクの過払い請求をしてくれる弁護士を探しました。

 

レイクの過払いをしている弁護士は結構ヒットしたのですが、その中で香川の弁護士がよさそうだったので、「ちょっと北海道からは遠いかな?」と思いながらも電話相談してみました。

ですが、話した感じがすごくよかったので、その電話で過払い請求を依頼しました。

 

6カ月後70万円の過払い金をすんなり受け取ることができ、距離に惑わされず頼んで正解だったと思います。

ページの先頭へ