アイドルの追っかけで作ってしまった借金を過払いで返せた! 山梨県甲府市 E・I様

■アイドルに一目ぼれ

高校時代にあるアイドルグループのひとりに一目ぼれし、ファンクラブに入ったのはもちろん、CDもすべて揃えていました。

コンサートにもいきたいと思っていたのですが、山梨で芸能人のコンサートが行われることはめったになく、そのアイドルのコンサートも東京や埼玉まで行かなければ見ることが出来ませんでした。

高校生の乏しいお小遣いではコンサートに行くことはできずに、いつも悔しい思いをしていました。

 

そのため、山梨県内の大学生に進学してアルバイトが出来るようになると、東京でのコンサートはもちろん、全国ツアーでも地方まで遠征して参加していました。

ですが、一度全国ツアーに行ってしまうと「大阪だとアンコールで○○を歌った。」「名古屋だと名古屋限定Tシャツが売っている。」と、追っかけが止まらないようになり、レイクからお金を借りてコンサートの遠征費用やグッズの購入費用に充てるようになりました。

 

■突然の引退で…

しかし、追っかけを初めて6年経った時に、アイドルが不祥事を起こしてしまい、芸能界は事実上引退してしまいました。

それを聞いた時に大きな虚脱感を感じてしまい、一気にアイドル熱は冷めてしまったのですが、レイクの借金は200万円になっていました。

 

その後地道に返済をしてはいましたが、借金をし始めて10年経っても半分も返せていないような状態でした。

さすがに、アラサーになっても借金まみれの女性では結婚相手もおらず、周りは結婚していくためかなり焦り始めました。

 

「少しでもレイクの借金が減れば」と思い、いろいろ調べている中でレイクの過払い請求と言うものがあると知りました。

弁護士の方に電話をするのは少し緊張しましたが、落ち着いた口調の方だったので最後はリラックスして話すことが出来ました。

 

その後、過払い請求を依頼して無事に過払い金の60万円を受け取ることができ、やっと落ち着いた生活が出来そうです。

ページの先頭へ