父の長年の借金を過払いで解決しました 岐阜県岐阜市 U・S様

■働かない親父

親父は岐阜県で、大工をしています。

どこかの工務店に勤めているのではなく、一人親方で大工をしているため仕事がない月などは、全く収入がないときもありました。

しかも、親父はさぼり癖があり、朝から雨が降ったりすると、「今日は休みだ!」と言って朝からお酒を飲みだして、昼から雨が止んで仕事が出来そうな時でも行くこともなく、ひどいときには翌日も二日酔いで仕事を休んだりしていました。

 

そんな状態ですからうちは万年貧乏で、親父はレイクをはじめとする複数のサラ金からお金を借りており、私も高校を奨学金とアルバイトで何とか卒業した有様でした。

 

■母親からのSOS

高校卒業後は住み込みで働きだしたため、岐阜県の実家は父親と母親の二人暮らしになりました。

母親からは私の体の心配や近況を聞く電話しかなかったため、親父の収入と母親のパート代で何とか生活をしていると思っていました。

 

私も30歳手前になり結婚を前提としてお付き合いしている彼女と同棲しており、そろそろ両親に紹介しようかなと思った時に、事件が起こりました。

母親が泣きながら電話をしてきたのでびっくりしていると、親父がレイクなどの借金の他に闇金にまで手を出してしまい、取り立ての電話や自宅にまで押しかけてきていると言われました。

電話では詳しいことが分からないので、同じ岐阜市内だから会って話した方がいいと思い、バイクを飛ばして急いで実家に帰ると、玄関には目つきの悪い男がいて、「ここの息子さん?親父さんが借金を返してくれなくて困ってるんですけどねぇ~。」と、大声を出してきました。

「今から話し合いをするから、今日のところは帰ってくれ。」と言うと、なんとか帰ってくれましたが、親父がとんでもないことをしたということが身に染みて分かりました。

 

すぐに両親と話し合いをしたのですが、レイクなどから20年以上総額500万円近く借りており、その返済のために闇金から借金をしたと言われました。

とりあえず何とか解決法を考えると言って、その日はアパートに帰りました。

 

アパートに帰ってからすぐに彼女が心配して色々聞いてきたため、親父の借金のことを話しているうちに、「レイクとかは過払い請求すればいいんじゃないのかな?それに闇金とかは弁護士に相談したら取り立てがなくなると、なんかの雑誌で見た覚えがある。」と言ってきました。

 

それならばと考え、ネットで「弁護士 レイク 過払い 岐阜」で検索したところ、成功事例を多数載せている弁護士事務所のサイトが目に留まりました。

そうすると、家族の過払い請求で借金問題が解決した事例が書いてあり、さっそく岐阜からそこの弁護士事務所に電話しました。

 

弁護士の方は私の話をすべて聞いた後に、「レイクなどは毎月の返済をストップできるので、すぐにでも過払い請求をした方がいい。闇金に対してはご依頼いただければ、法的措置をして嫌がらせをとめることができる。」と、今困っている現状をすぐにでも解決できることからアドバイスしてもらえ、依頼することを決めました。

 

親父と弁護士の先生と電話で話した後すぐに依頼したため闇金からの嫌がらせはなくなり、1年半かかりましたがレイクなどへの過払い請求で借金はすべてなくなった上に、過払い金も600万円近く取り戻すことができました。

ページの先頭へ