怪我の入院でできた借金を過払いで完済! 愛媛県松山市 H・M様

■自分の不注意で大けが

10年ほど前、愛媛県の会社勤めをしていたのですが、会社の飲み会の後「近いから自転車で帰ったらいいか。」と、軽い気持ちでお酒を飲んだまま自転車に乗りました。

 

ですが、アパートは愛媛でも郊外の方にあり、街灯があまりない田んぼの横を走らなければいけなかったのですが、酔っていたためかハンドルを取られ1m下の水路に自転車ごと転落してしまいました。

幸い後ろを歩いていた人がすぐに救急車を呼んでくれたのですが、右腕とあばら骨を骨折し1カ月以上入院することになりました。

 

まだ23歳と若かったので貯金はほとんどなく、保険なんかにも入っていませんでした。

そのため、骨折が治るまでの2カ月間は収入がなく、入院代と通院の治療費をレイクから借りて支払い、生活費も借りたため3カ月ほどで70万円以上の借り入れとなってしまいました。

 

■借金を清算した上に返金まであった!

独り暮らしで家賃を支払いながらのレイクへの返済は厳しく、不意の出費が重なった時にはレイクからまた借りてしまったため、なかなか借金は減りませんでした。

レイクの借金生活も10年になり、「あの時、自転車に乗らなかったらレイクから借金をすることもなかったのに。」とずっと後悔していました。

 

そんな時に、レイクの借金が過払い請求できるかもと知り、レイクの過払い請求をしている弁護士に過払い金の計算をお願いしました。

そうすると、レイクの借金が帳消しになるだけでなく80万円の過払い金の返金があるとわかり、思わず「やった!」と叫んでしまいました。

 

先週に過払い金を振り込んでもらい、預金通帳に印字された「入金80万円」の文字を見て、やっとレイクの借金を完済できたと実感できました。

ページの先頭へ