出張で積み重なった借金を、過払いでなくせました! 千葉県千葉市 M・S様

■出張多い会社

勤めている千葉県の会社は一般人には名前は知られていませんが、業界では「ああ、あの千葉の会社ね。」と言われるくらい名が知れています。

 

その千葉の会社でメンテナンス技術者として働いていた私は、年に20回以上全国へ出張していました。

出張費用は一旦立て替えて後日清算なのですが、領収書をなくしたり経理から経費として認められなかったりして、出張すると赤字になることもありました。

 

しかも、会社の業績が悪くなると出張費用の清算を渋ることがあり、出張費用を3か月後にやっと支払ってくれるくらいになり、その間立て替えしていたのですがだんだんきつくなり、レイクから借りて出張費用に充てていました。

 

■過払い請求で借金を取り戻せ!

そのうち、メンテナンス部門の人間もリストラされ、人員も半分になってしまいました。

そのため、出張も年に50回近くになっており出張費用の立て替えも厳しくなってきました。

 

あるとき上司と出張費用のことで大きくもめ、社長の耳にまで入ることになったのですが、「なんでそんな大金を社員に立て替えさせているんだ!これからは出張費は前払いで仮払いして、あとで清算しろ!」と言ってもらえました。

次の給料で立て替えていた出張費用のすべてを払ってもらえ、6年にわたるレイクの借金を返済することが出来たのですが、実際には金利を負担していたので赤字は赤字でした。

 

そんなことがあって10年ほどたったのですが、千葉の会社での地位はメンテナンス部の技術部長となり、レイクの借金のことは忘れかけていました。

ですが、たまたまレイクの過払い請求と言うものを知り、「無駄に払った金利分がすこしでもかえってきたらなぁ。」と考えて、レイクの過払い請求をしている弁護士に問い合わせしました。

 

そうすると、過払い金がある可能性が高いが、もしかしたら時効になっているか、時効が近づいているかもと言われ、あわてて過払い請求の手続きをしてもらいました。

私の場合、来月に時効が迫っていて危ないところだったのですが、過払い金にプラスして5%の法定金利も請求したので、思った以上の返金になりました。

ページの先頭へ