過払い請求と離婚協議でお世話になりました 徳島県徳島市 A・H様

■借金に耐えられず離婚を決意

夫との20年の結婚生活は、借金との戦いでした。

結婚してすぐに夫の独身時代からの借金が発覚し、私も働きに出て返済をしていたにもかかわらずまた内緒で借金をしたりしました。

 

一番ひどかったのが、私の名義を使ってレイクとアコムから借金をしていたことです。

借金をしすぎて自分の名義で借りるのが難しくなったのと、昔は今ほど本人確認がきっちりしていなかったため、気が付かないうちに100万円の借金を背負っていました。

 

離婚しようと何度も思いましたが、子供がいたため「子供が高校を卒業するまでは。」と我慢をしてきましたが、やっと子供が高校を卒業したので離婚に向けてこっそり動き始めました。

 

■レイクの過払いで慰謝料ゲット

離婚するにあたり一番問題になるのが、やはりお金のことでした。

未だにレイクやアコムの借金が夫婦ともにあるので、離婚して別居するにしても賃貸アパートの敷金や引っ越し費用を用意することが出来ないため、どうやって借金の他にその資金を貯めようか思案していました。

 

そんな時に知ったのがレイクなどに借金があると、過払い請求でお金がもらえるかもしれないということでした。

夫はもとより私もレイクなどへの借り入れは10年以上になっていましたので、レイクの過払い金が発生している可能性が高いので、過払い請求をしてそれを離婚のときの慰謝料や引っ越し費用に充てようと思いました。

 

でも、離婚には同意している主人とはいえ、慰謝料などお金が絡んでくるともめる可能性もあったため、慎重を期する必要があったのでレイクの過払いと離婚協議書の作成の両方をしてくれる弁護士を探し始めました。

そうすると、たまたま住んでいる徳島県の隣の香川県の弁護士が、過払い請求も離婚問題の両方を取り扱っていたため、徳島から電話をしてみました。

 

弁護士の方と相談を重ねて、過払い請求と離婚問題を並行して進めてもらい、過払い金を手にできただけでなく、夫の過払い金から慰謝料をもらうことが出来ました。

今は徳島市内のアパートで、社会人となった娘と慎ましくですが生活することが出来ています。

ページの先頭へ