過払い請求をして最悪な借金地獄から抜け出せました

■遊びで作った借金…利息のみ支払い続ける生活

学生の頃、私は時間があればパチンコをしていましたし、時には休んでまで朝から並ぶような生活を送っていました。

楽しいというのもありましたが、当時はみっちりやっていれば勝てましたし、現に私の周りには大勝ちしている人がいまして、貯金額がすごい人もいたのです。

 

そういった姿に憧れを抱いてしまい、パチンコ生活に浸かってしまったのですが、もちろん同じように勝てるとは限りませんでした。

それまでに貯めていた貯金は使い果たしましたし、お金が足りない時には日払いのバイトをしてお金を用意していましたが、それもすぐに溶けてしまうのです。

 

結局、パチンコの軍資金を求めてレイクから借金をするようになり、その額は50万円ほどに登りましたし、ほかの消費者金融を合わせると200万円はあったと思います。

私が利用していた消費者金融の全てが上限に達してしまい、そのくらいの時期にギャンブルに浸る事は少なくなりました。

 

そして仕事に就いたものの、利息しか返すことのできない日々が始まったのです。

 

■決意して弁護士に過払い請求をお願いしました

当時の私の給料はそれほど高くありませんでしたので、月々は利息分を返しているだけでした。

レイクの利息は高い利息だと感じていましたし、元本が全く減りませんでしたので、正直借金を完済できるイメージがなかったです。

 

そのように、利息のみを返済する生活は5年近くかかったと記憶しています。

仕事の給料は年々上がりますが、だからといって元本を減らすように返済額を増やすわけでもなく、自転車操業をしていました。

 

ある日親しい上司と呑んでいる最中に、勢いで5年前くらいから約200万円の借金があり、その利息だけずっと返済してきたという話をしたのです。

かなり驚かれましたが、解決策として過払い請求を提案されました。

 

過払い請求で借金が残った場合、ブラックリストに5年間くらい載るようでしたが、それでも構わないと思い、レイクへの過払い請求を弁護士に依頼したのです。

依頼してから3ヶ月くらいして結果がでたのですが、弁護士さんの交渉によって過払い金の9割近くの割合が取れまして、約200万円の借金が全てなくなりました。

それだけでなく、いくらかお金は残ったため、その分で弁護士費用を賄うことができ、結局借金が帳消しになることができました。

 

私の事を5年も縛り付けていた借金とお別れすることができ、本当にレイクの過払い請求を弁護士にお願いしてよかったと思っています。

ページの先頭へ