遊びのために作った借金地獄から抜け出すことができました

■遊び好きが理由で作った借金の利息を支払うのが限界

私は自他共に認める遊び好きで、旅行などの多くのお金を使って遊ぶのが特に好きでした。

それだけならまだしも、生活が大きく変わったのは競馬をはじめてからです。

最初に買った馬券で大儲けしたことがハマるきっかけとなったのは間違いありません。

私の周りでは競馬で大勝している人がたくさんいたのも抜け出せなかった理由になると思います。

 

競馬をはじめてすぐに貯金は使い果たし、レイクから借金をして競馬をするようになりました。

そして借金はどんどん多くなり、利息の返済しかできないようになったのです。

 

利息の返済をしていけばそのうち借金は完済するというのは甘い考えでした。

レイクでの借金をさも自分の貯金であるかのように感じることも少なくありませんでした。

本当は日々の生活を改め、節約しての生活を心がけるべきであったと思います。

 

ただ、堕落した生活を抜け出すのは簡単なものではありません。

今では、私は本当に甘え切った生活をしていたのだと思っています。

 

■弁護士の力を頼って過払い請求をすることにした

私の給料は決して高いものではなく、月々の利息分を返済していくのがやっとの生活を送っていました。

元本がほぼ減ることはなく、レイクの借金を返済できるイメージができないのが、弁護士の力を頼るべきと思った最も大きな理由になります。

友人や知人にも自分の恥となるべきことであるため、相談ができなかったのも大きいです。

 

弁護士に相談をしたところ、解決案として過払い請求を提案されました。

過払い請求をして借金が残った場合は、ブラックリストにおよそ5年間載ってしまうといわれたものの、私としては全く構わないと思ってそのまま依頼することにしました。

 

弁護士に依頼しておよそ7割の減額に成功し、月々の返済をしていけるだけの額にまでなりました。

長年私の生活で切っても切れない借金が一気になくなったことが、私の生活を改める理由にもなったのです。

 

レイクの過払い請求を弁護士に依頼して良かったと思うとともに、もっと早くに対応しておけば良かったとも思っています。

私が自分を客観的に見て思ったのは、借金問題は自分で解決するのは難しいということです。

やっぱり専門的な知識のある弁護士に依頼した方が、過払い請求を含めての提案もしてくれるため、まずは相談するのが適切であると思います。

ページの先頭へ