過払い請求を弁護士に依頼して過払い金が返ってきました

■自分の借金の過払い金が気になるようになったきっかけ

私は長年レイクで借金をしては返済してまた借金をするという生活を送っていました。

借金を完済するときはあったものの、またお金が足りなくなると借金するのが当たり前でした。

生活に支障をきたすことはなかったものの、テレビCMで過払い金についての内容が放送されているのがきっかけで、自分には過払い金があるかどうかが気になるようになりました。

 

レイクの借金を完済している場合でも過払い請求が可能であるのは自分で調べてみてすぐに分かりました。

さらに、自分で手続きをして過払い請求ができるのも分かり、弁護士費用を抑えるために自分で対応しようと思ったのを覚えています。

ただ、今まで全く経験がないのが理由で不安が募りました。

レイクでの取引履歴を開示しての請求をするのも、引き直し計算をするのも凄く面倒と思ったのも覚えています。

 

自分の借金の過払い金が気になるものの、自分で対応するのは難しいと思って弁護士に依頼するようになりました。

 

■弁護士に任せるのが一番

弁護士に依頼して私に発生したレイクの過払い金は約90万円であることが分かりました。

そのうちの9割にあたる81万円の返金に応じてくれました。

本当に大満足の結果になったと思っています。

過払い金の存在を知らないままだと、大金を捨てていたと言っても過言ではありません。

 

私のように長期にわたっての借金をしていたのなら、すぐに過払い金がいくらになっているのかを調べるのがよいと思います。

そして、弁護士に依頼して対応してもらったのも大正解であったと思っています。

私が対応したことは何もありませんでした。

弁護士との契約を結べば、あとは全て弁護士が対応してくれるので、普段通りの生活を送れると思います。

 

さらに、弁護士に依頼して良かったと思ったのは、返金の割合が異なるケースが多いという点です。

弁護士という存在が交渉することで、高い割合にできるケースは少なくないようです。

弁護士費用は報奨金という形で支払われるため、持ち出しが一切ないのも安心できる理由になると思います。

総合的に考えると、やはり弁護士に依頼するのが筋であると思うのが正直なところです。

 

自分で手間暇かけて手続きと交渉をして返金が少なくなってしまう可能性があるのなら、弁護士に依頼して朗報を待つのみという形の方が楽であるのはいうまでもありません。

ページの先頭へ