膨らみ過ぎた借金を完済するまで長い道のりでした

■レイクでの借金が当たり前になった日々

私は高給取りというわけではなく、フリーターとして生活しているため、本来は質素な生活を意識しないといけないと思っています。

ただ、友達との付き合いも継続して行いたいと思って、ほんの軽い気持ちでレイクでの借金をしました。

最初は10万円の借り入れで、4カ月後に全て返済した記憶があります。

自分のなかで返済できたという実感が、どんどんレイクでの借金をするようになった理由であると自己分析しています。

 

返済を全くしていけないわけではなかったものの、次第に借金は膨らんでいき、ついには50万円にまでなりました。

こうなると私の給料では利息だけを支払うのが精一杯で、全く元金が減らなくなってしまいました。

 

自分の借金についての相談ができる友人や知人もおらず、このままずっと同じ生活を送らないといけないのかと絶望していたところ、過払い請求の記事を見ました。

私の場合は長期的にレイクから借金をしていたため、過払い請求ができるかもと思って、そのまま無料相談に対応している弁護士に相談しました。

 

■過払い請求で大半の借金がなくなる

弁護士に相談すると過払い請求ができる可能性が高いといわれ、本当に安心したのを今でも覚えています。

ただ、過払い請求をした場合にはおよそ5年間ブラックリスト入りしてしまう可能性がある点も同時にいわれました。

私にとっての重要点はブラックリスト入りしてしまうことではなく、今現在ある借金を少なくすることであり、過払い請求することを決めるまでに何もためらいはありませんでした。

 

弁護士にすべての手続きと交渉を任せて、借金のおよそ7割の減額に成功しました。

そこから地道に借金を返済していき、今では借金と無縁の生活を送っています。

どうやって返済していけばよいか分からないレイクでの借金を、過払い請求したことで返済していけるようになったのは、人生においての分岐点といっても過言ではないと思います。

分相応とは言い難いレイクの借金を完済するまでには多くの時間がかかりました。

今思えば、もっと早くに弁護士に相談したうえで対応すればよかったと思っています。

 

過払い請求は自分でもできるのは分かっていたものの、何をすべきか分からないことだらけでした。

しかし、私は弁護士に依頼し、弁護士がしっかりサポートしてくれたため、私自身何かしたということはありません。

弁護士という専門家の力があってこその結果であるのは間違いないと思います。

ページの先頭へ