借金を誰にも相談できないときに過払い請求について知りました

■ブランド品を当たり前のように買いあさる日々

私は決してブランド品が好きというわけではありませんでした。

分相応の生活をしているなかで、たまたま友人が持っていたブランド品に興味を惹かれ、自分へのご褒美にとそのまま購入しました。

そのときは自分の貯金からお金を捻出したため、レイクから借金をすることはありませんでした。

 

しかし、次から次へとほしいブランド品があって、少しなら大丈夫と思ってレイクから借金をしてからが、頭を悩ませる日々になっていくスタートでした。

ブランド品を装着することが自分のステータスのように思えてきて、歯止めがきかなくなってしまったのが原因であると思っています。

 

膨らんだレイクの借金は70万円にもなり、誰にも相談できず、はじめてどうやって返済をしていこうかと思いました。

ただ、私は決して高給取りというわけではなく、貯金もすでに底をついています。

正直に親へ相談をしないといけないかと思っていたときに、過払い請求についての記事を見つけ、自分もレイクの過払い金があるのではないかと思いました。

 

でも、過払い請求についての知識は皆無といえるため、弁護士に相談してみようと思いました。

 

■過払い請求をしてみるだけの価値がある

弁護士に相談したところ、レイクへ過払い請求をしてみるだけの価値があるといわれました。

自分ではどうすることもできないため、とりあえず弁護士に任せることにしました。

 

すると、私にはおよそ50万円もの過払い金があることを知りました。

ブラックリスト入りしてしまう可能性もあるものの、もう借金をしない生活に戻りたいと思って、そのまますべてを任せました。

 

およそ3ヵ月で30万円もの返金がありました。

そのなかから弁護士費用を支払い、大幅な借金の減額に成功しました。

 

もしも過払い請求の存在を知らないままであったのなら、本当にどうなっていたのか分からないものです。

過払い請求を自分で行うという選択肢があるのは分かっていたものの、何もかもが分からないことだらけであったため、やっぱり弁護士に依頼して大正解であったと思います。

 

手続きと交渉をすべて対応してくれて、私としては何もすることがなく、朗報を待つのみという形でした。

こんなに過払い請求が簡単なものであったとは全く思いませんでした。

もちろん、これも弁護士の力があってこその結果です。

自分では解決し難い借金問題は専門家に任せるのが一番であると思います。

ページの先頭へ