過払い金の請求を弁護士に依頼して本当によかったです

■レイクでの借金を返済しきれなくなるまで

レイクでの借金が当たり前となったのは私の見栄っ張りの性格であるのが大きいです。

友人や知人と遊ぶときにお金がないにも関わらず、誘われれば断ることもなく、自然とレイクを利用してお金を用意するのが当たり前になっていきました。

 

レイクを利用しているときは気付かなかったものの、よくいわれているように自分の貯金かのように思ってしまうものです。

最初は5万円の借金をして次の月にちゃんと返済したものの、それからどんどん借金が膨らんでいき、総額70万円の借金となったときにこれはまずいと本格的に思うようになりました。

あてにしていたボーナスも少なくなり、自分で全額返済するのは難しいと思いました。

 

親に知られてしまうことだけは何とか避けないといけないと思っていたときに、過払い金返還請求の記事を見ました。

私の場合はダラダラと借金をしては利息だけを支払うという生活が長かったため、過払い金返還請求ができるのではないかと思って、まずは弁護士に相談してみることにしました。

 

■借金生活からの解放

私の現状をまずは弁護士に説明しました。

弁護士からの返答は、過払い金返還請求ができるというものでした。

実際にどれぐらいの金額が返済されるかそのときは分からなかったものの、一安心したのを今でも覚えています。

そしてそのまま弁護士に一任することにしました。

 

弁護士費用はかかるものの、私は全く専門外ですべてにおいて対応できるとは到底思えませんでした。

私が対応するか弁護士が対応するかによって過払い金の回収率が変わるというのも決め手です。

プライバシーへの配慮もしてくれるのも大きいと思います。

レイクからの連絡や裁判所からの書類等は事務所宛になって、私宛の郵便物に関しても配慮をしてくれました。

安心して過払い金返還請求をするのなら、やはり弁護士に任せるのが一番であると思います。

 

弁護士が和解交渉をして、過払い金60万円の90%にあたる54万円が返還されて、そのなかから弁護士費用を支払ってすべてが終わりました。

その後に節約をして1年後にすべての借金が返済できました。

生活をしているありとあらゆるときに借金のことが頭をよぎっていたものの、今ではわずかながら貯金もできています。

 

過払い金がなければ今でも借金をしていたと思います。

あるいは親にばれてしまってどうなっていたのかとも思います。

過払い金返還請求に踏み切ったのと弁護士の力があってこその今があると感謝しています。

ページの先頭へ