過払い金返還請求を弁護士に依頼してもブラックリスト入りしませんでした

■弁護士に依頼すべきか迷った理由

レイクの借金が総額で90万円にもなり、にっちもさっちもいかなくなりました。

ここまでレイクから借金した自分が悪いのは重々承知しています。

 

最低限の返済だけはできるものの、肝心となる元金がまったく減らないのは本当に精神的に辛いです。

多くのお金が必要になった場合に、このレイクの借金が足かせになるのは明白であるものの、何とかしたいと思っても現実的にどうにもできないもどかしさもあります。

 

最悪の場合は自己破産をしないといけないのかと考えているときに、レイクの過払い金返還請求についての記事を見ました。

長年レイクからの借金を重ねてきた私の場合は過払い金があるのかが気になったものの、自分で引き直し計算をするのは面倒であると思って、弁護士に依頼して対応してもらうことにしました。

自宅の近くに無料相談に対応している事務所があったのも思い切って行動できた理由のひとつです。

 

ただ、ブラックリスト入りしてしまうという不安もなかったわけではありません。

ブラックリスト入りしてしまうと、クレジットカードが使えなくなるのは面倒であると思ったからです。

レイクの過払い金返還請求をするかどうかはこの点がはっきりしてからにしようと思いました。

 

■レイクの過払い金返還請求は正当な権利

弁護士にまず過払い金があるかどうかを調べてもらうと、70万円もの過払い金があることが判明しました。

そのまま弁護士に依頼して対応してもらいたいとは思ったものの、気になるのはブラックリスト入りしてしまうことです。

この点について弁護士に聞いてみると、レイクの過払い金返還請求は正当な権利であるため、ブラックリスト入りしてしまうことはないということです。

この問題がクリアできれば、あとは弁護士に依頼してすべてを任せるだけでした。

 

和解交渉だけで8割の回収に成功したのは弁護士の力添えがあってこそといえます。

私は選択しなかったものの、訴訟を起こすという方法もできます。

 

すべての借金を返済するまでには至らなかったものの、多くの借金を返済できたのは大きかったです。

残りの借金についても1年以上の期間はかかりましたが、すべて返済できて借金生活は終わりを告げました。

 

これだけ苦しんできたレイクの借金を過払い金返還請求によって多くが返済できて、今では貯金をしながらつつましく生活ができています。

ページの先頭へ