レイクの新規申し込み中止を聞き、過払い請求に取り掛かりました

■レイクの新規申し込み中止?

若いころどうしてもお金が必要になり、消費者金融にお世話になったのですが、レイクを利用することに決めたのは、テレビCMを目にしたからです。

「ほのぼのローン~ほのぼのレイク♪」と言う軽快なCMソングが耳に残っていたこともあり、『テレビCMしているような大きな所なら、ドラマで出てくるようなヤクザまがいの事もされることもないだろうし。』と安心感から決めました。

 

レイクの契約手続きはATMみたいなやつでしたので、拍子抜けするほど簡単に借りることができ、その後も長期間利用していたからか、上限枠も50万円から70万円、さらには100万円と自動で大きくなっていき、大きな出費の時に20~30万借りて毎月1~2万円ずつ返済していた私にとっては、とても心強いものでした。

 

10数年前に総量規制とかいうものがあって、貸付枠が減った人もいたみたいでしたが、私の場合は100万円の上限は変わらなかったため、『葬儀の香典や実家への帰省費のやりくりに役に立っているし、問題ない。』と思っていました。

 

しかし、ある日ネットでニュースを読んでいると、『レイク、新規融資停止の衝撃』という見出しを見てびっくりしました。

 

■危機感から即過払い請求

レイクの経営が順調であれば、新規融資の停止なんてありえないので、大いにあわてました。

実はあと3年もすればレイクへの返済も終わるので、その時に過払い請求をしようと考えていたからです。

 

レイクの母体は新生銀行ですからつぶれることはないと思いましたが、万が一という事もありますし、縮小傾向にある消費者金融からは過払い金が戻りにくいとも聞いたので、すぐに過払い請求するよう方向転換しました。

 

弁護士に過払い請求を頼む際には、過払い金が少なめになるがスピード重視か、過払い金が多くなるがじっくり時間をかける金額重視か選ばなければいけないと、ネットの情報で知りました。

私の場合は、不安な気持ちが長く続くのも嫌だが、過払い金も戻ってきてほしいと、少しわがままな願いだったのですが、相談した弁護士は「やれるだけやってみましょう。」と言ってくれました。

 

スピード重視なら3・4か月、金額重視なら半年以上と聞いていたので少し不安だったのですが、なんと4か月で満額が返金されてびっくりしました。

あとで、よくよく弁護士の先生にお世話になった人の体験談を見ると優秀な先生らしく、もっとややこしい過払い請求もたくさんされてきたみたいで、自分のケースも想定内だったようです(笑)

ページの先頭へ