完済まで待たずに過払い請求をすることができました

■完済待ちの過払い請求

テレビで過払い請求のCMを見かけて興味を持ったのでネットで調べたところ、完済していたのならば普通に過払い請求しても問題はないが、返済途中で過払い請求をしてしまうとブラックリストに載ってしまうことが分かりました。

 

ブラックリストに載ることは避けたかったため、その時のレイクの借金は40万円ほどで、毎月2万円ずつ返済していましたので、2年ほどあれば完済できるし、その後で過払い請求をしようと思いました。

 

しかし1年ほどたった時に、親戚の葬儀などが重なり、新たに20万円を借入したので、結局借入額は50万円になってしまいました。

「レイクの完済への道が遠のくな…」とがっかりしていたのですが、葬儀に来ていた従兄弟と話をしていて、過払い請求の制度が変わって返済途中でも返金がある過払い請求ならばブラックリストに載らないと教えてもらい、びっくりしました。

 

従兄弟は病院でケースワーカーをしているため、患者の借金問題も相談されることがあるらしく、かなり詳しく教えてもらえました。

 

■完済前でも過払い請求できた

葬儀からしばらくして、いとこに教えてもらった弁護士に電話で相談をしたのですが、従兄弟が言うとおり過払い金の返金がある過払い請求ならばブラックリストに載らないと聞いてほっとしました。

 

ふと、相続の関係で20万円ほど渡されたお金があったので、その分をレイクに返済してから過払い請求をすればと思ったので聞いてみたところ、「過払い金が発生している可能性が大きいので、無理に繰り上げ返済をする必要はありません。最終的には手元に帰ってきますけれども、その分も過払い請求の弁護士報酬の対象になりますので、目減りしてしまいますよ。」と言われました。

黙って一括返済させておけば弁護士の取り分が増えるにもかかわらず、逆に丁寧に教えてくれたこともあり、信頼できる弁護士だと踏んで依頼をすることにしました。

 

弁護士にお願いしたことで、自分が動かなくても過払い請求は順調に進んでいき、レイクから無事に過払い金を受け取ることができました。

 

返ってきた過払い金を頭金にして、銀行に自動車ローンを申し込んだのですが一発OKで、ブラックリストに載っていないことも確認できました。

これから先、無茶な借金をするつもりはありませんが、サラ金にお金を借りていない、ブラックリストに載っていないというだけで、心が以前よりもずいぶん軽くなりました。

ページの先頭へ