レイクに請求をした場合の流れ

レイク(新生フィナンシャル)に過払いを請求する場合の流れを、順を追ってご説明します。

 

弁護士に正式に過払いの請求を依頼する

依頼人から請求を依頼さると、弁護士が依頼人の代理人として活動できます。

 

受任通知書を弁護士がレイクに送付し、取引履歴の開示請求をする

受任通知を受け取ると、レイクと交渉する窓父は弁護士ということが明らかになるため、レイクは依頼人に接触することは法律で禁じられます。

 

取引履歴がレイクから弁護士に届いたら引きなおし計算で金額を算定し、レイクに任意交渉もしくは訴訟を提起する

取引履歴から法定利息に基づいて引きなおし計算を行い金額を算定します。

ただし、レイクは取引履歴の一部が消失しているため提出できないと主張するという点が他の貸金業者と違う点です。

しかし、この点については心配いりません。

判例の積み重ねによって、推定計算でもその支払いが認められているからです。

過払いの返還請求は、任意交渉もしくは提訴をして手続きを進めます。

 

裁判で争点がなければ和解書を作成して入金後に訴えを取り下げる

裁判になった場合、特に多いケースは、特に争点がなければ第1回の期日前に和解書を作成して入金後に訴えを取り下げるというパターンです。

過払いに関する訴訟はすでに数多くの判例があり、最高裁判所の判例に基づいた判決が下されることが想定されるので、被告であるレイクは、無理な主張はせずに、和解で決着を付ける姿勢を見せています

 

香川・高松での過払いのご相談は、当事務所にお任せください。まずはフリーダイヤルにお電話ください。

 

【合わせて読むと参考になるページ】

レイクに過払いの返還請求をしたら、どの位時間がかかるのか?

利息制限法について

利用期間と過払いの可否

 

 

ページの先頭へ