レイクに請求をする時に、注意すべきことがありますか?

ご質問:

レイクに過払いの請求をする時に、注意すべきことがありますか?

 

 

弁護士からの回答:

レイクに対する過払いは新生フィナンシャルに行いますが、取引の分断を主張してくることがあります。

 

現在、レイクは新生フィナンシャルグループの一員になっているので、レイクに発生したものは新生フィナンシャルに請求します。

 

しかし、レイクは、借金を完済した後でしばらく経ってから再びお金を借りると、連続した取引ではなく分断された2つの取引とみなします。

 

過払いの消滅時効は10年です。

古い借金をA、その後しばらく経ってから借りた借金をBとすると、Aを完済した日が10年以上前であれば、取引の分断を認めるとAに発生しているものはすでに時効を迎えているため、請求できないことになります。

 

取引分断に関しては、解約の有無、カードの再発行などの事実関係を整理して、一連取引であることを訴えていく必要があります。

しかし、裁判になった場合は、1年以上空白期間がある場合、分断とみなす裁判官もいるので、一連取引を認める判決が出ているからといって安心はできません。

 

さらに、任意の話し合いでも、分断を認めない代わりに減額をしてほしいといった提案をされることもあるので、粘り強い交渉能力が求められます。

 

過払いのご相談なら、香川・高松の吉田法律事務所までご相談ください。JR高松駅から徒歩5分です。

 

【合わせて読むと参考になるページ】

最も対応の良い会社の一つ

会社の変遷と現在の対応

ページの先頭へ