ちっともほのぼのじゃないレイクを相手に過払いを全額取り戻した

■レイクは全然“ほのぼの”じゃなかった

レイクというと、すぐに「ほのぼのレイク」というキャッチフレーズが口をついて出てきますよね。

ほのぼのって、なんだかとても優しくて、お金を借りる人の立場で親身になってくれる会社というイメージがわくと思いませんか?

 

でも、僕が昔利用していた頃のレイクの印象は「ほのぼの」の正反対でした。

そもそも、ほのぼの(仄々)って、ほんのりとした心の暖かさを感じる時に使う表現でしょう?

僕が利用している会いだ、レイクにほのぼのとした心の温かさなんて、一切感じませんでした。

レイクが親切なのは、新しい客を勧誘する時だけですよ。

そして、いったんお金を借りると、あれよあれよという間に貸出限度枠を上げて来て・・

 

借りる方としては、融資枠が引き上げられると信用度が増したようで気分がいいんです。

だから、僕も、はじめは融資上限30万円からスタートして、知らない間に100万円の限度枠を目いっぱい借りていました。

ほのぼの、ほんのりとした様子を装いながら、ジワジワ客を借金地獄に誘い込むのがレイクの手口だと思います。

 

■過払いの請求はレイクに1円も値切らせないと決めた

だから、レイクに過払いが発生しているかもしれないと気付いた時は、1円も値切らせないと心に決めました

個人客が相手だと足元を見られそうなので、はじめから香川・高松の弁護士と委任契約して、交渉を担当してもらいました。

 

僕は、弁護士に「レイクが値切って来ても負けないでください」とお願いしました。

そこで、弁護士は話し合いで時間を無駄にしないで、時をおかずにレイクに訴訟を起こしました。

 

レイクは、さすがに訴訟で争っても勝ち目がないと思ったのでしょうか。

こちらが請求した過払いの全額に利息をつけた金額の支払いに応じました

 

消費者金融が過払いを値切ってきたら、相手の言いなりにならずに腕の良い弁護士に交渉を任せれば、僕のように過払いを全額取り戻せるチャンスがあると思います。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

レイクの金利について

他の消費者金融との比較

ページの先頭へ