弁護士に依頼するメリット

過払い請求は弁護士に依頼するのが一般的です。しかし、その請求方法は弁護士に依頼するだけでなく、ご自身で行う、司法書士に依頼するといった方法があります。

 

個人で行う

過払い請求は決して個人で行えないものではありません。やる気と時間と体力があれば十分可能です。最近では(怪しいものも交じっていますが)請求についての本も多く売っています。依頼料が全くかからない方法なので、その点では魅力的な方法です。しかし、実際にはそのコストは大きくなってしまいます。

その理由として大きくは、請求をするためには莫大な時間が必要だということ、そして自力で裁判前の交渉ではレイクになめてかかられるということが挙げられます。まさか裁判はしないだろうという考えからなめてかかられるのですが、なめられたために為に弁護士に頼んだ場合は8割以上である回収率が1割~2割になってしまうことがしばしばあるようです。

ただ、稀にもっと踏み込んで勉強して自分で裁判まで行ってしまわれる方もいらっしゃいます。裁判まで行ってしまうとレイクも真剣に対応するので、裁判で勝てば十分に過払い金を受け取ることができるでしょう。

 

自力での請求は十分に行うことはできます。しかし、学習に莫大な時間がかかってしまいますし、小さくないリスクも伴います。過払い請求は何回もすることではないので、私はその時間をご自身の仕事の時間に割り当てた方が効率的であるように思います。

 

司法書士に頼む

過払い請求を依頼する場合、弁護士だけでなく司法書士に依頼することができます。

弁護士と司法書士の違いは同じようで大きな違いがあります。それは法律面での権限です。弁護士は全ての過払い請求を取り扱えるのに対して、司法書士は140万円以内でしか請求をすることが出来ないのです。

 

しかし、140万円といっても過払い金がいくらになるかなどは実際に請求を行った後でなければ分かりません。そうは言っても、その金額は引き直し計算によりある程度の目安を付けることが出来るので、140万円を超えそうであれば弁護士に依頼した方が良いでしょう。

 

ただ、自分では140万円より小さいだろうと思っていても司法書士に依頼した後に140万円以上回収できそうだと分かった、なんてことはしばしばあります。

そうなると弁護士に依頼し直さなければならず、二度手間になってしまいます。はっきりとご自身の過払い金が分からない場合は初めから弁護士に依頼する方がよいと思われます。

 

弁護士に頼む

弁護士に依頼した場合が、最も過払い金の回収率が高くなりますし、司法書士のように請求できる上限も存在しません。弁護士は裁判を数多く行っているので、裁判を有利に行うことも出来ます。過払い請求が最も得意であると言えるでしょう。

弁護士に依頼すると依頼料がかかってしまいますが、時間の節約と回収率の向上を考えると金銭的にもメリットは十分に大きいと思います。

香川・高松で過払いのご相談は当弁護士事務所までご相談ください。相談、着手金は無料です。

 

 

【合わせて読むと参考になるページ】

和解と裁判の違い

裁判でのよくある争点1 取引の分断

裁判でのよくある争点2 利息について

ページの先頭へ