レイクの金利について

今レイクからお金を借りる場合、その金利は18%以下になります。貸金法の改正によりグレーゾーンが消滅したため、レイクの金利は利息制限法の上限いっぱいとなっています。これは他の消費者金融も同様の状態です。また、現在取引中の方でも2010年6月18日以降に契約した方は金利が18%です。

 

出資法と金利

この2010年6月18日とはなんなのかと言いますと、上限金利を20%に引き下げる出資法の改正が完全施行された日です。そのため、この日を境に金利に差があります。

そのため、2010年以前に遡るとレイクも25%~27%という高い金利でした。ただ、同じ時期の利息の高い傾向のある武富士やアイフルなどの消費者金融の金利は29.2%と当時の出資法の上限いっぱいでした。

ですから、上限金利いっぱいであった武富士やアイフルなどと比べると、上限より低い金利であったレイクは比較的優しい消費者金融のように感じます。また、あくまでも私見ですが、私の印象としても他社と比較すると10年や20年など長く取引をしている方が多く、やはり消費者に優しい傾向があるように思います。ただ、やはり消費者金融ですので取り立てなどは他社とはあまり変わりません。

 

出資法の改正歴

先ほどは2010年の出資法の改正に焦点を当てていました。しかし、出資法は過去に何度も改正されており、そのたびに消費者金融の金利も変化しています。つまり消費者金融の金利の変化の軌跡を辿ることは出資法の改正の軌跡を辿ることとほぼ同義です。これはレイクの金利にも当てはまり、出資法の改正の度にレイクの金利も変化しています。

ただ、過去のどの時点をとっても他社と比べると低い金利に設定していたので、先ほど述べたようにレイクは比較的消費者に優しい傾向にあったようです。

 

以下に出資法の上限金利の推移を載せています。昔に遡るほど上限金利が高くなっているので、その時のレイクの金利もそれに応じて高くなります。ですから、借りた時期が古ければ古いほど過払い金が大きくなり、出資法に大きく左右されていることになります。

 

★出資法の上限金利の推移

年度 出資法
1954~ 109.5%
1983/11/01~ 73%
1986/11/01~ 54.75%
1991/11/01 40.04%
2000/06/01 29.2%
2010/06/18 20%

 

香川・高松で過払いのご相談は当事務所にお任せください。相談、着手金は無料です。

 

【合わせて読むと参考になるページ】

レイクに過払いの請求をした場合の流れ

利用期間と過払いの可否

和解と裁判の違い

ページの先頭へ