レイクは、こういう会社

1964年に株式会社レイク(旧レイク)の前身である株式会社パーソナル・リースが大阪で設立されました。その後1975年、株式会社パーソナル・リースは各地域に擁していた融資会社を一つにまとめ、社名を株式会社レイク(旧レイク)と変更しました。この時、初めて株式会社レイク(旧レイク)が誕生しました。

 

それから株式会社レイク(旧レイク)は着実に成長を続けます。武富士のように急進的に成長するようなことはせず、常に業界の中で3~4位に位置するような堅実な成長を続けていました。また、この頃からレイクは緑色のイメージカラーと「ほのぼのレイク」というキャッチフレーズを用いており、私としてもイメージ通りの営業をしていたという印象があります。

 

ところが、1992年に大きな転換期を迎えます。

今まで堅実な経営を行っていたレイクが投機に失敗して1200億円の損失を出したのです。それからの経営は下降気味になっていきました。そして1998年、ついにアメリカのGEグループの金融部門であるGEキャピタルに消費者金融部門を買収されてしまい、株式会社レイク(旧レイク)は実質的に外資の傘下に入りました。それと同時に、消費者金融部門が取り除かれた株式会社レイク(旧レイク)は「株式会社エル」に社名を変更しました。この時をもって「株式会社レイク(旧レイク)」は消滅しました。

しかし「レイク」という名前だけは残り、GEキャピタルによって同社の“ブランド名”として新しく生まれ変わりました。その後も社名は何回も変わっているのですが、世間には「緑の看板のレイク」と名前が変わらず親しまれ続けました。そのため会社が変わっていることを明確に区別する際は、GEキャピタルの経営する消費者金融を「新レイク」、GEキャピタルに買収されて株式会社エルに変更した昔のレイクを「旧レイク」と呼びます。ここで今までレイクの横に“(旧レイク)”と付け加えていたのはそのためです。

 

00年代後半になると、出資法が改正されて金利の上限が引き下げられたことや、過払い請求の控訴が相次いだため、収益性が悪化してしまいました。そのため、GEコンシューマーは消費者貸金事業から撤退することを決定しました。

また、この時の撤退の際の譲渡先として新規展開を目論む新生銀行が名乗りをあげました。実際に2008年から順次に新生銀行へ事業を譲渡しており、2011年にはレイクの営業資産も譲渡しました。現在は、ほぼ譲渡は完了し、新生銀行がレイクを運営している状態です。

 

香川・高松で過払いのご相談は、当事務所にお任せください。相談料、着手金は無料です。

 

【合わせて読むと参考になるページ】

最も過払いの対応の良い会社の一つ

利息制限法について

和解と裁判の違い

 

 

ページの先頭へ