Archive for the ‘未分類’ Category

過払い請求で仕事を続けることが出来ました! 神奈川県横浜市 S・K様

2015-07-30

■自己破産できない借金

私は、レイクをはじめとする3社から300万円の借り入れがあり、返済に四苦八苦していました。

自己破産しようかと思った時も多々あったのですが、簡単にはいかない事情がありました。

 

全国展開している警備会社の神奈川支店で勤務しているのですが、実は警備員は法律で自己破産申請中は仕事が出来ないのです。

もし、自己破産申請すれば会社に自己破産したことがばれるだけでなく、数カ月間は仕事が出来なくなってしまいます。

さらに、仕事が出来ないとなると神奈川支店からメンテナンス部門に飛ばされたり、最悪は首になってしまうため、自己破産することが出来ませんでした。

 

しかも、借金の理由が若いころにのめり込んだ競馬で作った借金で、ギャンブルによる借金では自己破産できないのもネックになっていました。

 

■レイクに過払い請求ですべて解決!

「このまま、一生レイクやらに返済を続けないといけないのかな?」と毎日借金のことを考えていました。

ある日、ネットでニュースを見ていると「レイクの過払い金でお困りの場合には?」と言う広告を見かけ、なんとなく興味がそそられてクリックしてみました。

 

そこは、弁護士が運営しているレイクの過払いについて書かれているサイトで、

「過払い請求をすれば、借金がなくなるだけでなく払いすぎたお金を取り戻せます。」

「家族や会社にわからないように過払い請求ができます。」

「自己破産と違い、今まで通りの生活ができます。」

「過払い請求は借金をした理由を問わずできます。」

と、自分にとって夢のような内容が書かれていました。

 

しかも、レイクの過払い請求が出来る条件を見ても楽々クリアしていたため、すぐさまそのサイトの弁護士に電話をして相談してみました。

知識がなかったので、「レイクの借金だけ過払い請求してくれるのかな?」と思っていたのですが、他の2社も含めたすべての過払い請求をまとめてしてもらい、過払い金も3社分だったので年収以上返ってきました!

会社を辞めることもなくレイクなどの借金がなくなり、しかも思わぬ大金を手にすることができ、過払い請求様様です。

病気の父の借金を過払いで解決しました 福岡県北九州市 R・W様

2015-07-30

■老父の入退院

父親が初めに入院をしたのが48歳、自分が福岡の大学に通っている頃でした。

結構大きな病気だったのですが、1年ほどの入院で完治して退院しました。

ですが、数年に一度体調を崩した際に地元の福岡の病院に1~2カ月の短期入院をすることがあり、定年退職し67歳の今でも、医者に入院を勧められています。

 

先日、母親から電話があり、「お父さんの入院費用が足りないので、ちょっと出してもらえないか?」と相談をしてきました。

そこそこ年金をもらっているし退職金もあったはずなので驚いて聞いてみると、実は初めの入院から費用が足りずレイクから借り入れをしていたと言われました。

 

レイクの借金も少しずつ返済が出来始めたと思ったころに、父が入院することが多く借金がなかなか減らなかったうえに、退職間際に入院した際にはレイクの限度枠がほぼいっぱいだったので、退職金を前借して入院費や入院中の生活費に充て、退職時に手にしたお金はほんのわずかだったらしいです。

退職後も年金の中から返済を続けていたのですが、また入院で家計が行き詰ってしまったそうです。

 

■レイクの過払い金で入院資金を調達

初めて聞くことで驚きとりあえず今の入院費は私が払うことにしたのですが、根本的な問題のレイクの借金を何とかしなければいけません。

そのため、あれこれ調べているうちにレイクの過払い請求に行きつきました。

 

父親のレイクの借金は20年ほど前から始まり、今では200万円ほどの借金だと聞いていたので、レイクに対して過払い請求できるのではないかと思い、福岡からレイクの過払い請求を取り扱っている弁護士に電話をしてみました。

 

弁護士の先生は、父親の借金の相談であるにもかかわらず親身になって話を聞いてくれて、父が入院中でも過払い請求ができるように手続きを進めてもらえました。

7カ月後には290万円の過払い金を受け取り、しかもレイクの返済もなくなったので、父も母も安心して過ごせるようになりました。

費用とのバランスを考えて過払い請求を頼みました 大阪府堺市 M・M様

2015-07-30

■安物買いの銭失い?

友人と飲む機会があり最近レイクの過払い請求をしたと聞いたのですが、内容はほぼ半分以上が頼んだ大阪の法律事務所への文句でした。

 

弁護士や司法書士に頼めば、レイクなどの過払い請求を代わりにしてくれるとのことですが、事務所ごとに費用が全然違うので、レイクの過払い請求が安いところをネットで探しまくって、一番安くて近くにある大阪の法律事務所に頼んだそうです。

 

でも、電話の対応も暗くて「大丈夫か」と初めに不安に思ったのが的中して、初めの過払い請求の説明も分かりにくかったし、対応は遅いし、経過報告をほとんどしてくれず自分から連絡することが多く、しかも思っていたほどの過払い金が戻ってこなかったので、「安もんを選んで、損したわ。」と、飲んでいる間ずっと愚痴っていました。

 

■他山の石

私はそれを聞きながら、「よかった~。」と心の中で思っていました。

実は自分のレイクの過払い請求をしたのですが、友人とは違い費用もそうですが口コミや話してみた感じなどの全体的なバランスを見て、弁護士を決めたからです。

 

自分が依頼した高松の弁護士事務所は、初めの電話の対応もよく、大阪と高松と少し離れていましたが郵送で送ってもらった過払い金のことについて詳しく書いてあった資料はわかりやすく、「あれってどうだっけ?だけど弁護士事務所に電話して聞くのもなぁ。」と言う時でも、見ればすぐにわかったので助かりました。

 

もちろん、レイクの過払い請求も問題なく進めてもらえ、過払い金の満額を取り戻すことが出来ました。

しかも費用もほかの法律事務所から比べると安めで、テレビCMをしている弁護士事務所と比べたら、自分の場合は20万円以上安かったので、本当にお得でした。

過払い請求と離婚協議でお世話になりました 徳島県徳島市 A・H様

2015-07-30

■借金に耐えられず離婚を決意

夫との20年の結婚生活は、借金との戦いでした。

結婚してすぐに夫の独身時代からの借金が発覚し、私も働きに出て返済をしていたにもかかわらずまた内緒で借金をしたりしました。

 

一番ひどかったのが、私の名義を使ってレイクとアコムから借金をしていたことです。

借金をしすぎて自分の名義で借りるのが難しくなったのと、昔は今ほど本人確認がきっちりしていなかったため、気が付かないうちに100万円の借金を背負っていました。

 

離婚しようと何度も思いましたが、子供がいたため「子供が高校を卒業するまでは。」と我慢をしてきましたが、やっと子供が高校を卒業したので離婚に向けてこっそり動き始めました。

 

■レイクの過払いで慰謝料ゲット

離婚するにあたり一番問題になるのが、やはりお金のことでした。

未だにレイクやアコムの借金が夫婦ともにあるので、離婚して別居するにしても賃貸アパートの敷金や引っ越し費用を用意することが出来ないため、どうやって借金の他にその資金を貯めようか思案していました。

 

そんな時に知ったのがレイクなどに借金があると、過払い請求でお金がもらえるかもしれないということでした。

夫はもとより私もレイクなどへの借り入れは10年以上になっていましたので、レイクの過払い金が発生している可能性が高いので、過払い請求をしてそれを離婚のときの慰謝料や引っ越し費用に充てようと思いました。

 

でも、離婚には同意している主人とはいえ、慰謝料などお金が絡んでくるともめる可能性もあったため、慎重を期する必要があったのでレイクの過払いと離婚協議書の作成の両方をしてくれる弁護士を探し始めました。

そうすると、たまたま住んでいる徳島県の隣の香川県の弁護士が、過払い請求も離婚問題の両方を取り扱っていたため、徳島から電話をしてみました。

 

弁護士の方と相談を重ねて、過払い請求と離婚問題を並行して進めてもらい、過払い金を手にできただけでなく、夫の過払い金から慰謝料をもらうことが出来ました。

今は徳島市内のアパートで、社会人となった娘と慎ましくですが生活することが出来ています。

女性だからこそ過払い請求を弁護士に依頼しました 岡山県岡山市 K・N様

2015-07-30

■電話対応で嫌になる

レイクの過払い請求のことをネットで調べると、「弁護士に頼まなくても個人でできる」と数多くのサイトに書いてありますが、女性の私はあえてレイクの過払い請求を弁護士に依頼しました。

 

実は、レイクに自分の取引履歴をもらおうと電話をした際に、たまたまかもしれませんが電話対応がすごく悪い人に当たり、二度とレイクに電話をしたくなくなったのが一番の理由です。

この先、過払い請求を進めると、レイクと何回、下手すると何十回も電話をしなければいけないかもしれないと考えると、メンタル的に持たないと思ったからです。

 

しかも、裁判となれば岡山簡易裁判所など出廷してレイクだけでなく、裁判官などと話さなければならないため、レイクとの1度の電話で懲りていた私は弁護士に依頼することを決ました。

 

■弁護士に任せて一石三鳥?!

レイクの過払い請求をしてもらう弁護士は、岡山に限定せず全国から対応のよさそうな弁護士事務所を探して、初めて電話をしたときの感じがよかった香川の弁護士に依頼しました。

 

私の場合、初めて10万円借りた分は1年で返済した2年後に新たに借り始めたり、途中で金利の変更があったりなどで、レイクと裁判になりました。

ですが、弁護士に依頼していたので岡山簡易裁判所に一度も行くことなく、弁護士から報告を受けるだけでした。

 

裁判もこちらの主張が通り、はじめに弁護士の方が計算してくれた通りの過払い金が戻ってくることになりました。

 

初めは、「レイクと話すのが嫌だから弁護士に頼んだけど、やっぱりちょっともったいないかな。」と思ったこともありましたが、レイクとの交渉など煩わしいことは一切なく、裁判など法律に難しいことも代わりにしてもらえ、しかも個人でレイクと交渉するよりも過払い金の返金額が増えたので、やっぱりレイクの過払い請求を弁護士に頼んでよかったと思います。

 

 

震災での借金を過払い金でなくすことが出来ました 福島県福島市 H・M様

2015-07-30

■赤字が続いた上の震災

私の家は、代々福島で漁師をしています。

所属していた福島の漁港は小さなところで、漁師はみんな顔なじみどころか、家族ぐるみで交流がありました。

しかし、十数年前から燃料の高騰が始まると、漁に出ても赤字になる時がありました。

 

漁協から融資を受けて漁を続けていましたが、資金繰りが苦しくなるとレイクから借りるようになりました。

中には漁を辞める人もいましたが、福島の田舎町でほかの仕事があるわけでもなく、じり貧になりながらも、漁を続けていました。

 

ですが、2011年の東日本大震災で船が損傷しただけでなく、家も半壊してしまいました。

長い避難生活を余儀なくされた上に、福島の漁業は全面停止となってしまったため、泣く泣く廃業しました。

 

■過払い金で新たな生活をスタート

震災により無職となり収入がほとんどなくなってしまったため、レイクへの返済が出来なくなってしまいました。

レイクには震災のことを伝えて返済を待ってもらうようにお願いしたのですが、150万円の借金があることには変わりませんでした。

 

1年半後やっと就職先が見つかり、2年目にレイクへ返済ができるようにはなりましたが、借金を抱えての生活は楽ではありませんでした。

「借金がなかったら…。震災がなかったら…。」と考えない日はなかったのですが、偶然レイクの過払い請求のことを知り、「もしかしたらレイクの過払いで、借金だけでもなくなるかも。」と思いました。

 

レイクの過払い請求をしている弁護士を見つけ、福島から思い切って電話をしてみました。

電話口に出た弁護士は物腰の柔らかい落ち着いた感じの方で、初めて弁護士と話すので緊張していたのですが、こちらも落ち着いて話すことが出来ました。

 

半年後、レイクの借金がなくなっただけでなく、過払い金を30万円受け取ることができ、前向きに考えられるようになりました。

和解したレイクから過払い金を取り戻せました! 鹿児島県鹿児島市 N・M様

2015-07-30

■何も知らずレイクと和解

長年レイクから借り入れをしていたのですが、3年前に鹿児島のアパートの家賃や返済がとうとう払えなくなりそうになり、レイクに借金の支払いを猶予してほしいと電話をしました。

 

そうするとレイクから、「長期にわたりお取引いただいているので、金利を減らして借金も一部免除しますので、毎月1万5千円の返済でどうでしょうか?」と言われました。

毎月5万円近くも払っていた私からすれば、まさに渡りに船の提案ですぐにその和解案で了承しました。

 

しかし、最近になって鹿児島のタウン誌に過払いのことが載っており、レイクに対しては過払い金があり、本当ならば借金がなくなった上にお金まで返してもらえていたことを知り、損をしていたことが分かりました。

ですが、レイクとの和解書に印鑑を押していたため、今となっては後の祭りで渋々返済を続けていました。

 

■弁護士に相談で和解撤回・過払い金ゲット

ネットで過払い請求の広告を見ると、「損して悔しい!」といつも苦々しい思いでいましたが、それでも気になるためたまに過払い請求をしている法律事務所のサイトをのぞいては、「もしかしたら100万円くらい戻ってきたのかな…」と、複雑な気持ちでいました。

 

ある日、レイクの過払いをしている弁護士のサイトを見ていると、「レイクと和解してもあきらめないで!」という項目があり、ついクリックしてみました。

そうすると、過払い金があることを知らずにしたレイクとの和解は、撤回して過払い請求できるケースがあると書いてあり、「これだ!」とすぐさま電話しました。

 

弁護士に以前にレイクと和解したことを相談すると、とりあえず調べてもらえることになりました。

そうすると、レイクの過払い金の返金が220万円もあり、和解を撤回できる可能性があると言われました。

その後、レイクと裁判の上過払い金を取り戻すことが出来たのですが、通常の過払い請求よりもかなり時間がかかってしまいました。

過払い金がもらえたのはうれしいのですが、レイクから和解の申し出があった時に、安易に話にのってしまったことを後悔しています。

過払い金で自動車が買えました! 長野県長野市 T・T様

2015-07-30

■コンビニで自動車の盗難

去年のゴールデンウィーク前に長野市内のコンビニで「タバコを買うだけだから。」と、ほんの数分自動車から離れたすきに盗まれてしまいました。

型は少し古かったのですがオフロードのRV車であったのですが、警察に「外国で人気のある車種なんで、狙われやすいんですよ。」と言われ、自分のうかつさを恨みました。

 

しかも、会社が長野県でも不便な場所にあるため早急に自動車が必要なのに、盗難保険に入っていなかったため、仕方なく手もちのお金で買える中古の原付を購入しました。

ですが、半年もすれば雪の多い長野では冬本番になり自動車でなければ通勤できなくなるため、どうにか自動車を購入したかったのですが、2年前に完済したレイクで4年前に滞納をしており、ブラックリストに載ったらしく自動車ローンが組めなくなっていました。

 

■レイクの過払いで現金一括で購入!

何とか中古でもいいので自動車の購入資金をと考えていた時、レイクの過払い金のことを知りました。

以前借りていたレイクの借金は結構高額でしかも20年近く借りていたため、過払い金がある可能性が大だったので、レイクの過払い請求をしている弁護士に過払い金の計算をお願いしました。

 

1カ月ほどして上がってきた計算はなんと260万円で、検討していた中古車ならば楽々買えますし、軽自動車ならば新車が購入できるくらいだったので、すぐさま過払い請求を正式依頼しました。

 

私の場合、冬までに返金してほしいけれども、金額は多い方がいいと考えていたので、弁護士の方にギリギリまでレイクと交渉してもらい、満額の過払い金を手にすることが出来ました。

結局新車の軽を購入しましたが、最近の軽は中古の普通車よりも性能がよく、快適に冬を過ごすことが出来ました。

過払いで介護から解放されました 新潟県新潟市 D・I様

2015-07-30

■結婚前からのレイクの借金

結婚して夫の地元の新潟県に来て、25年になります。

夫の実家は同じ新潟県にあり、年に1~2回ほど帰る程度でほとんど交流はありませんでした。

 

初めは「義両親もそんなに悪い人じゃないし、一人息子なのになんで?」と思っていたのですが、主人は結婚前から借金をしていて義両親にも迷惑をかけていたらしく、なんとなく帰りづらいと言うのが数年後にわかりました。

 

夫はレイクやアコムなど複数の消費者金融から借り入れをしており、多いときには300万円くらいの借金額でしたが、私も正社員として働き子供を二人育てながらだったので時間はかかりましたが、3年前に返済を終えることが出来ました。

そのため貯金もあまりなく、「定年退職までの15年で、何とか老後の資金を蓄えないと。」と、主人とは話をしていました。

 

■義両親の介護が必要に…

しかし、去年に73歳になる義母が認知症であるのが分かると、義父の方からSOSが入りました。

家事を一手にしていた義母が認知症でなにもできなくなってしまったため、家は荒れ放題で食事も近所の新潟のスーパーチェーン店のお総菜や出前で済ますようになり、介護費用も毎月かかるので参っている。

介護もつらいけれども金銭的にもつらいので、両方助けてくれないかと言うものでした。

 

相談をされたものの、私たちも仕事をしておりお金もあまりなかったので、どうしようかと夫と話し合いをしている中で出てきたのが、レイクなどへの過払い請求でした。

少しでもレイクなどの過払い金が戻ってくれば義父に渡すこともできるので、レイクの過払い請求をしている弁護士に新潟から電話をしました。

 

完済をしてしまったので、25年以上レイクをはじめとする4社から借り入れをしていたことしかわからなかったのですが、弁護士の方が無料で調査をしてくれて、なんと全部で830万円も過払い金があることが分かりました。

レイクの過払いのおかげで、しばらくは義両親の介護費用が出来てほっとしています。

総量規制で苦しむもレイクの過払いで救われる 佐賀県佐賀市 Y・T様

2015-07-30

■総量規制で新たな借金が出来ず

2007年は、私にとって大打撃を受けた年でした。

レイクなど5社から500万円近い借金をしていたのですが、借りて返してを繰り返して何とか支払いをしていました。

 

しかし、2010年に貸金業法が変わり、総量規制が始まると年収の3分の1までしか借金できないため、佐賀の小さな会社に勤めている年収300万円の私は100万円までしか借りられないため、400万円もオーバーしていることになるのです。

そのため返済のために借金したくても、最低400万円の返済をしなければ新たに貸してもらえなくなったのです。

 

そのため、総量規制が始まってからの5年間は借金を返済するために、晩飯を抜くことも珍しくなく、体の調子が悪くても病院にかかることもできませんでした。

変わった貸金業法に対しても、「余計なことしやがって!」くらいにしか思っていませんでした。

 

■利用者に有利な貸金業法改正?!

37歳になっても佐賀の小さなアパート住まいで、しかも今勤めている佐賀の会社では給料のアップはそう望めそうにありません。

しかもまだ借金が300万近くあり、結婚はおろか日々の生活も暗いもので「あ~。一生独身で、楽しいこともなく年をとっていくのかなぁ…。」と思うと、気がめいる毎日でした。

 

ですがネットで、「レイクの過払い請求をしてみませんか?」と言う広告を見て、「レイクの過払い請求って、借金がなくなった上お金がもらえるって詐欺なんじゃ…。」と思ったのですが、「どうせ借金だらけなんだから、これ以上借金が増えてももういいや。」と、半分ヤケになって、そこに書かれていた弁護士に電話をしてみました。

 

電話に出た弁護士の先生は穏やかな方で、やさぐれたものの言い方をしていた私に対しても丁寧に過払いの説明をしてくれ、「貸金業法改正は利用者に有利な改正もあったので、過払い請求が出来るんですよ。」と、教えてもらえました。

 

10カ月後すべての過払い請求が終わり、合計400万円近い過払い金を受け取ることが出来ました。

貸金業法の改正で苦しめられたのに、そのおかげで過払い請求が出来て救われたのは正直複雑な気分ですが、今は素直に借金がなくなった喜びをかみしめています。

« Older Entries
ページの先頭へ