Archive for the ‘レイクの過払い請求の注意ポイント’ Category

親の相続の中にあった借金でも過払い請求ができました

2018-12-10

親からの相続の中に借金もあった

私のレイクの借金を過払い金で完済した話をしたいと思います。

実は、完済どころか手元にお金が戻ってきたのですが…。

 

私のレイクの借金の内訳は、10万円も満たない額でした。

実は親の借金の金額がとても大きかったのです。

元々父親は小さい時に亡くなっており、大人になってから母親も亡くなりました。

遺産は全て私が相続したのですが、なんとその中に借金があったのです。

 

レイクから借りた年を確認してみたところ、父が亡くなって少ししてからでした。

おそらく、私を育ててくれるためにした借金だと思います。

借金があることは知らなかったけれど、私のためにとても苦労したのだろうなと思い、借金も合わせて相続する事に決めました。

相続時点での残額は50万円でしたが、元々借りた金額はかなり大きかったです。

ずっと返済を続けてくれていたみたいで、引き継いで絶対に完済すると考えていました。

 

ですが、意外にもすぐに返済できることになりました。

私も親もどちらともレイクからの借金で、合わせて返済を続けていたのですが、ある日過払い金請求というものを知りました。

私の方の借金額では過払い金は戻ってこなさそうだったのですが、親の借金が戻るかもしれないと思い、弁護士に相談しました。

 

親の相続の借金でも過払い請求できた

そもそも借りていたのは親だったので、私が過払い金を受け取ることができるのかどうかが一番の不安でしたが、書類を揃えれば手続きすることも可能とのことでした。

親から私が相続したことを証明する書類が必要だったので、ただ自分の借金を過払い請求するよりは手間がかかるのかと思います。

 

ですが、証明書類を用意して、4ヶ月後に無事お金が戻ってきました。

しかも、その金額はなんと50万円。

まるでボーナスが別途入る位の金額でとても驚きました。

 

そもそも過払い金とは、昔あったグレーゾーン金利というのがなくなってから、払いすぎている利息を返してもらうというものです。

つまり、決して借りたお金が返ってきた訳ではなく、今まで払っていた利息の一部ということです。

それなのに、完済してしかも50万円が戻ってくるなんて、いったいレイクはどれだけ金利を受け取っていたのでしょうか。

もちろん、レイクが親にお金を貸してくれたことで、私がこうして無事大人になれたのですから、責めることも出来ませんが…。

 

弁護士のおかげで戻ってきた過払い金で私の借金を返済し、残りは両親の墓参りの時等の出費があった時に使うお金として、置いておくことにしました。

そうすれば、両親への感謝の気持ちを忘れることがないからです。

訴訟を起こして過払い金を回収することができました

2018-11-28

■何も考えずレイクから借金を重ねる日々

友達との付き合いを言い訳に私はレイクから借金を重ねる日々を過ごしました。

最初は友達との旅行資金に不安があったので、10万円の借り入れをしました。

その10万円に関しては3カ月ほどで全額返済し、レイクから借金をするのは簡単と思ってしまったのが大きな間違いでした。

それから友達との付き合いがあるたびにレイクから借金をし、50万円になったときに初めて返済をするのが難しいと思うようになりました。

 

全額返済するまでの期間はもちろん、利息も支払うことになるため、どれだけ多くのお金を支払うのかを初めて考えました。

あてにしていたボーナス払いも支給される金額が少なくなったことで全額返済するのが難しくもなりました。

 

本当に何も考えずに借金を重ねた私の自業自得であるのは分かっています。

もう誰かに頼らないといけないのかと思っているときに、レイクの過払い金返還請求についての記事を見つけました。

私の場合は長年レイクから借金をしていたため、該当するのではないかと思いました。

しかし、まったくの専門外の事柄であるからこそ分からないことだらけで、弁護士に相談をしようと思ったのが好判断となりました。

 

■返還率80%なら大満足

弁護士に相談してまずは私にはどれぐらいの過払い金があるのかを調べてもらいました。

すると、予想をはるかに上回る40万円の過払い金があることが発覚しました。

 

もちろんそのまま弁護士に依頼してレイクの過払い金返還請求をしてもらう流れになったものの、任意交渉か訴訟を起こすかの選択を迫られました。

そして、弁護士から目安ではあるものの、任意交渉を選択した場合は返還率が80%で返還期間がおよそ3カ月、訴訟を起こした場合は返還率が100%で返還期間はおよそ4カ月という説明をされました。

とにかく早くレイクの過払い金返還請求を終わらせたかったので、私は任意交渉を選択して対応してもらうことにしました。

 

必要な手続きやレイクとの交渉もすべて弁護士が対応してくれたため、私は何もする必要はなかったです。

結果は予想通り80%の返還率となり、3カ月ほどで過払い金が返ってきました。

レイクの借金の多くを過払い金返還請求によって返済できたのは本当に大きかったです。

弁護士費用を支払うことにはなったものの、すべてにおいて対応してくれる弁護士の存在があってこその結果であると思います。

過払い金返還請求ができるかどうかは弁護士に相談して正解でした

2018-11-26

■レイクの過払い金が発生しているか分からない

私は本当に借金をするという行為を甘く考えていたのだと思います。

少しお金がなくなったらすぐにレイクから借金をしてその場しのぎをしていたものの、気付けば70万円もの借金になり、借金について冷静に考えるようになりました。

全額返済するまでにはどれぐらいかかるのかも考えるようになりました。

 

最悪の場合はしかられることを覚悟で親にお願いをしないといけないかと思っていたところ、レイクの過払い金返還請求について知りました。

最後に取引した日から10年以内という条件はクリアし、レイクも倒産していないため問題はありませんでした。

私の場合は長年レイクから借金をしてきたからこそ、過払い金返還請求ができると思いました。

 

ただ、肝心となる過払い金があるかどうかが分かりません。

レイクから長年借金をしているのは間違いないものの、最後に取引した日を明確に覚えているわけではなかったのです。

もちろん、いつからいつまで借りていたのかも分からないため、私だけで対応するのは難しいと思いました。

 

そのため、無料相談に対応している弁護士事務所が自宅近辺にあったこともあり、まずは弁護士へ相談することに決めました。

 

■訴訟を起こせば利息を付けて過払い金を取り戻せる

まず私にはいくらレイクの過払い金があるのかを弁護士に調べてもらうことにしました。

そして、私にはおよそ60万円の過払い金があることが判明し、本当に驚きました。

仮に過払い金があるにしても10万円を超えることはないと思っていたからこそ、嬉しい誤算となりました。

 

弁護士から任意交渉か訴訟を起こすかについての説明をされ、私は迷わず訴訟を起こすことを選択しました。

訴訟を起こした場合、返還期間は4カ月となるものの、100%過払い金を取り戻せるのが大きいと思ったからです。

さらに、訴訟を起こすと過払い金を利息付きで取り戻せるのも魅力的と思いました。

民事法定利率の5%と決められており、それほど大きな金額差があるわけではないものの、弁護士がすべて対応してくれるというのも安心できた理由です。

 

結果としては60万円以上の返金に成功し、そのなかから弁護士費用を支払ってすべてが完了しました。

残りのレイクの借金についても今では無事全額返済しています。

 

レイクの過払い金返還請求について知らなかったのなら、私は本来得られるお金をすべて捨ててしまっていたことになります。

経験者である私のおすすめとしてはまず過払い金があるかどうかを調べておくべきということです。

過払い金返還請求を弁護士に依頼してもブラックリスト入りしませんでした

2018-10-30

■弁護士に依頼すべきか迷った理由

レイクの借金が総額で90万円にもなり、にっちもさっちもいかなくなりました。

ここまでレイクから借金した自分が悪いのは重々承知しています。

 

最低限の返済だけはできるものの、肝心となる元金がまったく減らないのは本当に精神的に辛いです。

多くのお金が必要になった場合に、このレイクの借金が足かせになるのは明白であるものの、何とかしたいと思っても現実的にどうにもできないもどかしさもあります。

 

最悪の場合は自己破産をしないといけないのかと考えているときに、レイクの過払い金返還請求についての記事を見ました。

長年レイクからの借金を重ねてきた私の場合は過払い金があるのかが気になったものの、自分で引き直し計算をするのは面倒であると思って、弁護士に依頼して対応してもらうことにしました。

自宅の近くに無料相談に対応している事務所があったのも思い切って行動できた理由のひとつです。

 

ただ、ブラックリスト入りしてしまうという不安もなかったわけではありません。

ブラックリスト入りしてしまうと、クレジットカードが使えなくなるのは面倒であると思ったからです。

レイクの過払い金返還請求をするかどうかはこの点がはっきりしてからにしようと思いました。

 

■レイクの過払い金返還請求は正当な権利

弁護士にまず過払い金があるかどうかを調べてもらうと、70万円もの過払い金があることが判明しました。

そのまま弁護士に依頼して対応してもらいたいとは思ったものの、気になるのはブラックリスト入りしてしまうことです。

この点について弁護士に聞いてみると、レイクの過払い金返還請求は正当な権利であるため、ブラックリスト入りしてしまうことはないということです。

この問題がクリアできれば、あとは弁護士に依頼してすべてを任せるだけでした。

 

和解交渉だけで8割の回収に成功したのは弁護士の力添えがあってこそといえます。

私は選択しなかったものの、訴訟を起こすという方法もできます。

 

すべての借金を返済するまでには至らなかったものの、多くの借金を返済できたのは大きかったです。

残りの借金についても1年以上の期間はかかりましたが、すべて返済できて借金生活は終わりを告げました。

 

これだけ苦しんできたレイクの借金を過払い金返還請求によって多くが返済できて、今では貯金をしながらつつましく生活ができています。

過払い金返還請求を弁護士に依頼すべき理由は3つありました

2018-10-15

■レイクの借金を返済できない日々

私が見栄っ張りな性格をしているのが、レイクからの借金が積み重なった理由であると思います。

友達や知人から遊びの誘いがあったときには、お金がピンチであるのが理由で断ることができずにレイクからの借金を積み重ね、総額70万円もの借金を抱えるようになりました。

 

本格的にこのレイクからの70万円の借金を返済することを考えたものの、私の給料ではどれぐらいの期間が必要であるのかと思うと、本当に後悔しました。

そして、契約が更新されると思った派遣の仕事ができなくなって、さらに収入が減って返済ができなくなってしまいました。

 

そんなある日、過払い金返還請求についての記事を見つけて興味関心を抱きました。

長年レイクからの借金をしている私であるのなら、過払い金返還請求ができるのではと思いました。

 

ただ、肝心となる過払い金がいくらあるのかは分かりません。

さらに、レイクにどう対応してよいかも分からないものです。

専門外のことであるため、やはり専門家である弁護士に依頼した方がよいと思って、無料相談に対応している事務所があったので、まずは足を運んでみることにしました。

今思えば、この行動が人生を変えるきっかけになりました。

 

■弁護士に依頼すべき3つの理由

結果からいえば、弁護士に過払い金がいくらあるのかを調べてもらって50万円もあり、すべて任せて100%の回収に成功しました。

和解までの期間も2カ月程度と早くて大満足です。

私がすべきことは何もなく、弁護士がすべてにおいて対応してくれたのは本当に助かりました。

 

弁護士に依頼すれば回収率もアップするのがひとつの大きなポイントになると思います。

個人で対応した場合は回収率が5割から7割ほどになるとともに、遅延利息分が無視されてしまうこともあるようです。

 

面倒な過払い金を算出する引き直し計算も訴訟に発展した場合の訴状の書き方なども弁護士に依頼すれば何も問題ありません。

家族や友人に知られることなく、しっかりプライバシーへの配慮もしてくれるのも大きいです。

自分でレイクの過払い金返還請求を行った場合は、業者や裁判所からの書面は自宅に郵送されるため、この点に関しても心配ありません。

 

私はたまたま弁護士に相談した方がよいと思っただけであるものの、今思えば最良の選択をしたのだと思います。

自分でレイクの過払い金返還請求をすれば弁護士費用がかかることはないですが、回収率がアップすることを考えるのなら、弁護士に依頼した方が得策のように思います。

弁護士に依頼して過払い金請求をして2カ月で返還されました

2018-09-28

■借金を何とかしたい一心で弁護士に相談

借金問題は本当に誰にも相談できないとともに、自分だけでは自暴自棄になって冷静に対処できないのは分かりました。

浪費癖がついてしまったのが大きな問題であったと思います。

それほど恵まれているとは言い難い給料であるにもかかわらず、浪費するのが当たり前の生活を送っていました。

当然ながら財布の中身だけでは足りなくなって、レイクでの借金がどんどん増えていったのは自明の理です。

 

誰かに相談して何とかしないといけないと思っていた矢先に、レイクの過払い金請求について知りました。

ただ、私にはそもそも過払い金があるかどうかが分かりません。

さらに、具体的に何をすれば過払い金が返金されるかも分からず、すぐに行動を移すのは難しいと思いました。

 

そんなとき、弁護士に無料相談ができるという事実を知り、まずは相談してみるべきと思って足を運びました。

今思えばこの行動こそが私の借金生活が終わる大きな理由になりました。

 

■2か月で過払い金が返還

結果からいえば、弁護士にレイクの過払い金請求をすべて任せて2カ月で返還されました。

過払い金があるかどうかを弁護士がすぐに調べてくれて80万円もあったのは本当に驚きました。

私が抱える50万円の借金を上回る金額であり、借金を一気に返済できると思って心がウキウキしたのを今でも覚えています。

 

訴訟を起こすことがなくとも、70%の回収に成功して大満足の結果でした。

弁護士費用はかかったものの、見合うだけの仕事はしてくれたと思います。

 

私のようにレイクから長期にわたって借金をしているのであれば、まずは弁護士に無料相談をすべきと思います。

そもそも借金が積もり積もってしまったのは冷静な判断ができていないからです。

第三者である冷静に対処できる弁護士に相談すれば、レイクの過払い金請求について詳しく説明してくれます。

場合によって債務整理を行うべきといわれることもあるでしょう。

いうならば人生を変える大きなきっかけになる可能性もないわけではありません。

 

弁護士に無料相談をしてからたった2か月で私の借金問題はすべて終わりました。

今では借金をすることなく、わずかながらも貯金ができる生活を送っています。

私がレイクの過払い金請求について知らなかった場合、時効を迎えて本来得られたはずの過払い金がすべて無になってしまったことを考えると、本当に怖いものです。

過払い金請求は弁護士に依頼すれば簡単でした

2018-09-11

■ギャンブルが理由で借金が積もり積もる

自分の財布のなかだけでギャンブルをするのならまだしも、借金をするまでになったら本当に危険です。

どうしても取り返したい気持ちが強まり、まるで自分のお金のように感じてしまうからです。

 

私の場合はギャンブルをするときにレイクから借金をするのが当たり前になり、最も借金が多いときで70万円にもなりました。

ギャンブルをやめることができず、さらには借金も最低限しか返済できないなかで、このままでは本当にまずいと思いました。

今思えば、もっと前に冷静に判断しておけばよかったと思います。

 

日々の給料だけで返済するにしても、完済するまでに何年かかるのかなと考えるようになりました。

そんなときにレイクの過払い金請求について友人から教えてもらい、興味関心を抱くようになりました。

 

ただ、具体的にどのような手続きが必要であるかを全く分かっていません。

さらに、平日は仕事であまり時間が取れないのも難点でした。

そのため、無料相談ができる事務所を見つけてまずは弁護士に相談することにしました。

今思うと、自分にとって専門外のことはもっと早く専門家に任せるべきでした。

 

■親切丁寧に説明してくれて安心

弁護士に自分の置かれている状況を説明すると、まずは過払い金請求についての説明をしてくれました。

弁護士費用や任意交渉か訴訟を起こすかといった選択についてなどです。

 

そして、私にはいくら過払い金があるのかを調べてもらうと、50万円もありました。

この50万円がそのまま返金されると、借金の大半を返済できると思ったものです。

そのまま弁護士に依頼して対応してもらうことにし、私の場合は任意交渉を選択しました。

 

任意交渉を選択しても70%の返金に成功し、そのなかから弁護士費用を支払いました。

すべての借金を返済できたわけではないものの、多くの借金を返済できたのは大きいです。

私のなかでの意識も大きく変わり、ギャンブルをやめて借金返済を第一とした生活を送り、無事借金を完済できました。

 

借金をするのは簡単であっても、返済をするのはこんなに難しいものということを私は実体験で知りました。

そして、レイクの過払い金請求について知らなければ、今でも借金に苦しむ生活を送っていたと思います。

 

私のようにレイクから長年にわたって借金をしていたのであれば、まずは弁護士に無料相談をするのがよいと思います。

弁護士ならすべての手続きおよび交渉を対応してくれて、安心安全です。

借金漬けの生活から過払い金返還請求によって脱却できました

2018-08-29

■レイクでの借金を返済しきれないと判断するまで

最初にレイクで借金をしたのは本当に軽い気持ちからです。

購入したいと思っていたブランド品が値下げとなっており、手持ちで足りない分をレイクで借金しました。

そのときの借金はすぐに返済したものの、ことあるごとにレイクから借金をしてしまうクセがついてしまったのが問題でした。

 

給料が入ったら返済をすれば大丈夫と軽い気持ちであったものの、総額で50万円になったときには月々の利息を支払うばかりで、元金の返済が全然されていないことに気付きました。

それでもさらに20万円の借金をして総額70万円になったのは今思えばどうかしているとしか思えません。

 

最悪の場合は自己破産をしないといけないと思っていたところ、CMで過払い金返還請求について知りました。

私が該当しているかどうかは分からないものの、費用の持ち出しがなくすべて弁護士が一任してくれるのもあって、まずは弁護士に相談をしてみることにしました。

今思えば、CMで過払い金返還請求について知ったのが私の人生を変える大きなきっかけになりました。

 

■弁護士に一任して過払い金返還請求を行う

意を決して弁護士に私の借金状況のすべてを伝えて過払い金返還請求ができるかどうかを尋ねました。

すると弁護士は過払い金返還請求ができると答え、そのまま依頼をする流れになりました。

 

少しでも多くの過払い金を返還してもらうことを考えて提訴を起こすことにしたものの、弁護士が対応してくれて何も苦労はありませんでした。

特に私が弁護士に依頼してよかったと思うのは和解交渉を対応してくれたことです。

レイクの担当者と直接やり取りをして返還金額を交渉するものの、お互い主張する金額に大きな差が出るとともに、交渉期間が長引いてしまう可能性もあります。

取引の分断が争点として持ち出されたときに、専門的な知識を有していない私では交渉ができるとは思えません。

 

また、弁護士が交渉にあたることでレイクの担当者の対応も変わることを後で知りました。

すべてを自分で対応できる人であっても、個人であるか弁護士であるかの違いは大きいと思います。

 

結果としては過払い金の80%にあたる40万円が返還されました。

そのなかから弁護士費用を支払ったものの、借金の多くがなくなりました。

もっと早くに過払い金返還請求を行っていたらと思いました。

過払い金の請求を弁護士に依頼して本当によかったです

2018-08-10

■レイクでの借金を返済しきれなくなるまで

レイクでの借金が当たり前となったのは私の見栄っ張りの性格であるのが大きいです。

友人や知人と遊ぶときにお金がないにも関わらず、誘われれば断ることもなく、自然とレイクを利用してお金を用意するのが当たり前になっていきました。

 

レイクを利用しているときは気付かなかったものの、よくいわれているように自分の貯金かのように思ってしまうものです。

最初は5万円の借金をして次の月にちゃんと返済したものの、それからどんどん借金が膨らんでいき、総額70万円の借金となったときにこれはまずいと本格的に思うようになりました。

あてにしていたボーナスも少なくなり、自分で全額返済するのは難しいと思いました。

 

親に知られてしまうことだけは何とか避けないといけないと思っていたときに、過払い金返還請求の記事を見ました。

私の場合はダラダラと借金をしては利息だけを支払うという生活が長かったため、過払い金返還請求ができるのではないかと思って、まずは弁護士に相談してみることにしました。

 

■借金生活からの解放

私の現状をまずは弁護士に説明しました。

弁護士からの返答は、過払い金返還請求ができるというものでした。

実際にどれぐらいの金額が返済されるかそのときは分からなかったものの、一安心したのを今でも覚えています。

そしてそのまま弁護士に一任することにしました。

 

弁護士費用はかかるものの、私は全く専門外ですべてにおいて対応できるとは到底思えませんでした。

私が対応するか弁護士が対応するかによって過払い金の回収率が変わるというのも決め手です。

プライバシーへの配慮もしてくれるのも大きいと思います。

レイクからの連絡や裁判所からの書類等は事務所宛になって、私宛の郵便物に関しても配慮をしてくれました。

安心して過払い金返還請求をするのなら、やはり弁護士に任せるのが一番であると思います。

 

弁護士が和解交渉をして、過払い金60万円の90%にあたる54万円が返還されて、そのなかから弁護士費用を支払ってすべてが終わりました。

その後に節約をして1年後にすべての借金が返済できました。

生活をしているありとあらゆるときに借金のことが頭をよぎっていたものの、今ではわずかながら貯金もできています。

 

過払い金がなければ今でも借金をしていたと思います。

あるいは親にばれてしまってどうなっていたのかとも思います。

過払い金返還請求に踏み切ったのと弁護士の力があってこその今があると感謝しています。

借金を誰にも相談できないときに過払い請求について知りました

2018-07-26

■ブランド品を当たり前のように買いあさる日々

私は決してブランド品が好きというわけではありませんでした。

分相応の生活をしているなかで、たまたま友人が持っていたブランド品に興味を惹かれ、自分へのご褒美にとそのまま購入しました。

そのときは自分の貯金からお金を捻出したため、レイクから借金をすることはありませんでした。

 

しかし、次から次へとほしいブランド品があって、少しなら大丈夫と思ってレイクから借金をしてからが、頭を悩ませる日々になっていくスタートでした。

ブランド品を装着することが自分のステータスのように思えてきて、歯止めがきかなくなってしまったのが原因であると思っています。

 

膨らんだレイクの借金は70万円にもなり、誰にも相談できず、はじめてどうやって返済をしていこうかと思いました。

ただ、私は決して高給取りというわけではなく、貯金もすでに底をついています。

正直に親へ相談をしないといけないかと思っていたときに、過払い請求についての記事を見つけ、自分もレイクの過払い金があるのではないかと思いました。

 

でも、過払い請求についての知識は皆無といえるため、弁護士に相談してみようと思いました。

 

■過払い請求をしてみるだけの価値がある

弁護士に相談したところ、レイクへ過払い請求をしてみるだけの価値があるといわれました。

自分ではどうすることもできないため、とりあえず弁護士に任せることにしました。

 

すると、私にはおよそ50万円もの過払い金があることを知りました。

ブラックリスト入りしてしまう可能性もあるものの、もう借金をしない生活に戻りたいと思って、そのまますべてを任せました。

 

およそ3ヵ月で30万円もの返金がありました。

そのなかから弁護士費用を支払い、大幅な借金の減額に成功しました。

 

もしも過払い請求の存在を知らないままであったのなら、本当にどうなっていたのか分からないものです。

過払い請求を自分で行うという選択肢があるのは分かっていたものの、何もかもが分からないことだらけであったため、やっぱり弁護士に依頼して大正解であったと思います。

 

手続きと交渉をすべて対応してくれて、私としては何もすることがなく、朗報を待つのみという形でした。

こんなに過払い請求が簡単なものであったとは全く思いませんでした。

もちろん、これも弁護士の力があってこその結果です。

自分では解決し難い借金問題は専門家に任せるのが一番であると思います。

« Older Entries
ページの先頭へ